公共料金の支払いにおすすめの高還元率クレジットカード


公共料金を口座振替で払っている人が多いと思いますが、実は、クレジットカード払いにした方がお得で、メリットも多いです。特に、カードのポイントを貯めている人にとっては、有力な選択肢です。一人暮らしを始める方にとっても、公共料金のカード払いは新生活をサポートしてくれます。この記事では、公共料金をクレジットカード払いにするメリットとともに、おすすめクレジットカードも紹介します。


公共料金をクレジットカード払いにするメリット

特に、一人暮らしデビューの人にとっては、公共料金の契約なども初めてで、大変なことも多いでしょう。そんなとき、公共料金をクレジットカード払いにすると、こんなメリットがあります。

引き落としが1度で済む

最初のメリットは、口座引き落としが1度で済むことです。口座振替で公共料金を支払うと、電気・ガス・水道・NHKでそれぞれ口座引き落とし日が異なります。各公共料金の引き落とし日が近づくその都度、預金口座の残高が足りているかをチェックしなければなりません。

しかし、複数の公共料金の支払いを1枚のクレジットカードにまとめれば、引き落とし日はクレジットカード会社の指定した1度だけで済みます。口座管理が非常に楽ですね。

クレジットカードのポイントが貯まる

次のメリットは、クレジットカードのポイントが貯まることです。口座振替で公共料金を支払っても、特にポイントは付きません。しかし、クレジットカードで公共料金を支払えば、カードによって料金の0.5%~1.5%程度のポイントが貯まります。貯まったポイントは、商品券や他のポイントへの移行も可能です。

また、クレジットカードによっては、年間の利用金額に応じてボーナスポイントや年会費優遇などの特典を用意しています。まとめれば月1万円以上にはなる公共料金は、年間の利用金額を積み重ねる上で、なくてはならない支払いです。

実績を積み重ねられる

クレジットカードで公共料金を支払うことで、クレヒス(クレジットヒストリー、信用履歴)を積み重ねられるのも、意外なメリットです。

クレジットカードやローンではクレヒスが重視されており、カードやローンの申込の際には、必ずクレヒスを審査します。遅れなく支払いができている、頻繁に利用しているなど、積み重ねたクレヒスが良好であれば、ゴールドカードや住宅ローンなど、ハードルの高い商品でも審査をクリアできる可能性が高まるのです。

公共料金の支払いにおすすめのクレジットカードを紹介!

公共料金の支払いをクレジットカードで行うと、多くのメリットがあることが分かりました。ここでは、ポイント還元や値引きなど、公共料金を支払ってお得度が高いクレジットカードを紹介しましょう。

3つの公共料金の還元率が1.5%の「エポスゴールドカード」

 エポスゴールドカード

年会費 5000円(年間50万円以上で翌年度無料、インビテーション経由で申し込んだ人は永年無料)
国際ブランド VISA
ポイント還元率 0.5%
申込資格 本人に継続安定収入のある20歳以上
ショッピング限度額 最高100万円
搭載電子マネー なし
追加カード ETCカード

エポスゴールドカードには、「選べるポイントアップショップ」というシステムがあります。様々なジャンルのお店・サービスの中から3つを選ぶと、その3つの利用料金におけるポイント還元率が3倍の1.5%となります。公共料金でも、以下のように様々なジャンルのサービスが揃っています。

  • 朝日新聞
  • NHK受信料
  • 国民年金
  • 東京電力
  • ENEOSでんき
  • 東京都自動車税
  • 東京都水道料金
  • Yahoo!公金払い

首都圏のサービスを紹介していますが、関西や九州の公共料金も幅広くカバーしていますので、引っ越しをしても1.5%の還元を受けられる可能性が高いです。

YAHOO!公金支払いを利用するなら「yahoo!japanカード」

 yahoo!japanカード

年会費 無料
国際ブランド VISA、マスターカード、JCB
ポイント還元率 1%
申込資格 有効なYahoo!JAPAN IDを持っている18歳以上
ショッピング限度額 最高100万円
搭載電子マネー なし
追加カード ETCカード、家族カード

Yahoo!には「Yahoo!公金支払い」というサービスがあります。これは、税金や公共料金を支払うことができるサービスで、主に以下のような支払いに対応しています。

  • 自動車税
  • 固定資産税
  • 国民健康保険
  • ふるさと納税
  • 水道料金
  • NHK受信料
  • ガス料金

Yahoo!公金支払いはクレジットカードの分割払いや、Tポイントによる支払いもできます。この特徴を最大限に生かせるのが「Yahoo!JAPANカード」です。1回払いだけでなく2回払い、分割払いなどもできますので、一括では支払いきれない場合に便利です。カード利用金額の1%分のTポイントも貯まり、公共料金の支払いにも充てられます。

公共料金1件につき10WAONポイントもらえる「イオンカードセレクト」

 イオンカードセレクト

年会費 無料
国際ブランド VISA、マスターカード、JCB
ポイント還元率 0.5%
申込資格 イオン銀行の口座を持っている18歳以上
ショッピング限度額 最高50万円
搭載電子マネー WAON、iD
追加カード ETCカード、家族カード

イオンカードセレクトにはイオン銀行の口座が必要です。その口座で公共料金(電気、ガス、固定電話、携帯電話、NHK)の口座振替を行なうと、毎月1件につき5WAONポイントがプレゼントされます。イオンカードセレクト会員は特典として、1件につきさらに毎月5WAONポイントがもらえるのです。

クレジットカード払いできない公共料金も高還元の「リクルートカード」

 リクルートカード

年会費 無料
国際ブランド VISA、マスターカード、JCB
ポイント還元率 1.2%
申込資格 本人または配偶者に安定継続収入のある18歳以上
ショッピング限度額 最高100万円
搭載電子マネー なし
追加カード ETCカード、家族カード

クレジットカード払いできない公共料金でも、リクルートカードならば間接的にカード払いが可能で、しかも1.2%の高還元率です。

  1. 支払方法を「コンビニ払い」にする
  2. nanacoにリクルートカードからチャージをする
  3. 払込票を持ってセブンイレブンに行く
  4. nanacoを使って払込票の支払いをする

この手順ならば、nanacoポイントは貯まらないものの、リクルートカードのポイントが1チャージ金額の1.2%分貯まります。


公共料金をクレジットカード払いする際の注意点

公共料金の支払いでお得になるクレジットカードは、紹介した以外にもたくさんあります。しかし、公共料金をクレジットカード払いする際には、以下の点に注意してください。

カードの有効期限を確認

まず、クレジットカードの有効期限に注意してください。クレジットカードには有効期限が記載されています。おおむね、5年間が有効期限となっておりますけど、期限切れのカードを支払いに使おうとしても、決済ができません。結果、延滞扱いとなってしまいますので、注意しましょう。

カード払いできない公共料金もある

公共料金の中には、カード払いできないものもあります。電気、NHKはカード払いが可能で、都市ガスも比較的クレジットカード払いに対応しています。一方で、プロパンガスの業者はクレジットカード払いに対応していないことが多く、水道についても同様です。クレジットカード払いができない公共料金は、リクルとカードとnanacoなどを使うか、口座振替を利用しましょう。

口座振替の方がお得なことも

場合によっては、クレジットカード払いよりも口座振替の方がお得なこともあります。例えば、東京電力では口座振替割引として、電気料金にかかわらず月54円の値引きがあります。還元率1%のクレジットカードで54円分の得をするには、月の電気料金が5400円なければなりません。松山市水道局でも月54円の値引きをしており、しかもこちらはクレジットカード払いに対応していません。

カード再発行・引っ越し・契約変更の際は手続きを忘れずに

クレジットカードの再発行をしたり、引っ越しをしたり、業者を変更したりした際には、公共料金の業者への変更手続きも忘れないでください。特に、クレジットカードの再発行をすると、カードの有効期限やカード番号が変更となります、変更前の情報をそのままにしておくと、正常に引き落としされません。

節約こそが公共料金が最もお得になる方法

公共料金をカード払いにすると、ポイントも多くもらえるだけでなく、口座の管理も楽でクレヒスも積み重ねられます。支払いに使うクレジットカードも、1%以上の還元率を誇るものを紹介しました。

しかし、最もお得なのは公共料金の節約です。クレジットカードのポイント還元を増やすために、電気料金を増やそうと考えるのは、本末転倒な考えですね。料金プランや業者が選べるのであれば、最適なプランや業者を選んだ上で、クレジットカード払いでついでにポイントもゲットしちゃいましょう。




いま一番お得な入会キャンペーンはこれ!

1万円分を超えるポイントがカンタンにもらえるのは入会キャンペーンだけ!
クレジットカードは「入会キャンペーンの特典」で選びましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。