プリペイドカードのおすすめはこれ!メリット、デメリットも徹底解説


クレジットカードは使い過ぎが怖いという方もいると思います。最近では、チャージした分だけ使えるプリペイドカードが注目を集めています。この記事では、プリペイドカードの特徴や使い方、メリットやデメリットとともに、おすすめのプリペイドカードを何枚か紹介しましょう。


プリペイドカードって何?クレジットカード・デビットカードと比較!

プリペイドカードとは何か、クレジットカードやデビットカードと似ていてよく分からない人もいるかもしれません。そこでここでは、クレジットカードやデビットカードと比べることで、プリペイドカードの特徴を際立たせたいと思います。

  クレジットカード デビットカード プリペイドカード
申込可能年齢 18歳以上 15歳以上 12歳以上
口座開設 必要 必要 不要
審査の有無 あり なし なし
引き落としのタイミング 1か月~3か月後 即時 即時
利用可能金額 限度額の範囲内 口座残高の範囲内 チャージ残高の範囲内
現金の引き出し 可能 可能 不可能

それぞれの特徴を簡単に言うと、以下のような感じです。

  • クレジットカード…利用限度額の範囲内で使った金額を、後日引き落とし
  • デビットカード…預金口座残高の範囲内で使った金額を、即時引き落とし
  • プリペイドカード…茶事残高の範囲内で使った金額を、即時引き落とし

プリペイドカードのメリット・デメリット

ここでは、プリペイドカードのメリット・デメリットを紹介しましょう。

メリット1:多くの人が申し込める

プリペイドカードは12歳以上であれば申し込めるカードもあり、審査もありません。子供に多額の現金は持たせたくないけど、クレジットカードは持たせられないと考えている親御さん、審査が不安な方でも安心して申し込めます。

メリット2:使い過ぎの心配がない

プリペイドカードはチャージした残高分しか利用できません。浪費癖のある人も安心して使えます。また、万が一の紛失・盗難の際にも、被害額を少なくできるメリットがあります。

メリット3:すぐに決済できて安心

プリペイドカードを利用すると、原則としてすぐにチャージ口座から引き落とされます。使った分がリアルに反映されるので安心です。

デメリット1:利用できない商品・サービスがある

プリペイドカードは、以下の商品やサービスでは利用できないことが多いです。

  • ホテルの宿泊料金
  • レンタカー料金
  • ガソリンスタンドでの支払い
  • 航空機の機内販売
  • 高速道路料金
  • 毎月定期的に発生する料金の支払い

デメリット2:現金の引き出しができない

プリペイドカードは、現金の引き出しが原則としてできません。あくまでもショッピングとしての利用を前提としており、カード払いができずに現金もない場合には、プリペイドカードは役に立たないことが多いです。


プリペイドカードの作り方&使い方

一見使い方が難しそうなプリペイドカードですが、実際はさほど難しくはありません。ここではプリペイドカードの使い方を、「エポスVisaプリペイドカード」を例に紹介しましょう。

  1. 会員サイトにログインする
  2. 「エポスVisaプリペイドカード」→「各種手続き・照会」をクリック
  3. 「エポスカードから入金する」か「エポスポイントを移行する」を選択
  4. チャージ額または移行ポイント数を入力→「エポスカード」のセキュリティコードを入力

これで、チャージが完了しました。実店舗でのショッピングは、サインか4桁の暗証番号を入力します。ネットショッピングについては、以下の4項目を入力します。

  • 16桁のカード番号
  • 有効期限
  • ローマ字の氏名
  • カード裏面に記載されている3桁のセキュリティコード

おすすめプリペイドカードを紹介!

使い方やメリットが分かれば、あとはプリペイドカードを持つだけです。数多くの会社からプリペイドカードが発行されていますが、ここでは、中でも特におすすめのプリペイドカードを紹介しましょう。

カードデザインが豊富でおすすめの「エポスVisaプリペイドカード」

 エポスVisaプリペイドカード

申込可能年齢 18歳以上(高校生を除く)
その他申込条件 エポスカード(クレジットカード)会員
国際ブランド VISA
ポイント還元率 0.5%
チャージ方法 エポスカードエポスポイント
チャージ上限金額 10万円

エポスVisaプリペイドカードは、パラリンアートコラボデザイン、ゴジラ、銀魂など、70種類以上のデザインから自由に選択可能です。クレジットカードのポイントを使って1ポイントからチャージ可能なので、ポイントを無駄にすることなくおすすめです。

データ漏えいの心配がないのがおすすめの「楽天バーチャルプリペイドカード」

 楽天バーチャルプリペイドカード

申込可能年齢 18歳以上(高校生を除く)
その他申込条件 楽天カード(クレジットカード)会員
国際ブランド マスターカード
ポイント還元率 なし
チャージ方法 楽天カード
チャージ上限金額 3万円

楽天バーチャルプリペイドカードは、プラスチックカードを発行しない、インターネット専用のプリペイドカードです。使い切り型のプリペイドカードで、何枚でも購入できます。楽天カードの利用明細が残らず、カード名義も自由に登録・変更可能なため、データ漏えいしてもリスクが非常に少なく、おすすめです。

還元率驚異の2%がおすすめ、「LINE Payカード」

 LINE Payカード

申込可能年齢 年齢制限なし
その他申込条件 LINEアカウントを持っている
国際ブランド JCB
ポイント還元率 2%
チャージ方法

銀行

コンビニ

チャージ上限金額 1000万円

LINEのアカウントを持ってさえいれば、「LINE Payカード」を発行するのに年齢制限はありません。カードの利用金額に対して2%の「LINEポイント」が付き、以下のようなプログラムに移行できるのでおすすめです(移行レートはプログラムによって異なる)。

  • LINEでの支払い・送金
  • Amazonギフト券
  • Pontaポイント
  • nanacoポイント
  • JALマイル

万全のセキュリティがおすすめの「三井住友VISAプリペイド」

 三井住友VISAプリペイド

申込可能年齢 18歳以上
その他申込条件 特になし
国際ブランド VISA
ポイント還元率 0.25%
チャージ方法

クレジットカード

インターネットバンキング

チャージ上限金額 5万円

「三井住友VISAプリペイド」は、1人で5枚まで発行可能で、複数枚のカード残高を他のカードに合算することができますので、無駄なく使うことができておすすめです。また、三井住友カードの万全のセキュリティが、三井住友VISAプリペイドにも備えられているため、安心して利用できる点もおすすめできます。

プリペイドカードは種類によってかなり特徴が異なる

プリペイドカードは、クレジットカード以上にカードによってその特徴が大きく異なります。

ポイント還元率を重視するなら、還元率2%の「LINE Payカード」がおすすめですし、デザイン性で選ぶならば「エポスVisaプリペイドカード」がいいでしょう。しっかりとしたセキュリティを希望であれば、カード会社自体のセキュリティがしっかりとしている「三井住友VISAプリペイド」、ニックネーム登録も可能で情報漏えいリスクが少ない「楽天バーチャルプリペイドカード」がおすすめです。

クレジットカード会社が発行するプリペイドカードは、原則としてクレジットカード本会員である必要があるため、クレジットカードを持てない方は、それ以外の会社が発行しているプリペイドカードがおすすめです。




いま一番お得な入会キャンペーンはこれ!

1万円分を超えるポイントがカンタンにもらえるのは入会キャンペーンだけ!
クレジットカードは「入会キャンペーンの特典」で選びましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。