VISA、MASTER、JCBはどれがいい?違いやメリットを解説


楽天カードなどでは、VISA、Master、JCBといった国際ブランドから、好きな国際ブランドを選べます。楽天カードに申し込もうと考えている人は、どの国際ブランドにしようか迷っているのではないでしょうか。

この記事では、国際ブランドによる違いを解説するとともに、おすすめの国際ブランドの選び方を紹介します。


一般的なVISA、Master、JCBの違いを徹底解説!

まずは、VISA、Master、JCBの違いを徹底解説しましょう。

シェアはVISAとmasterが圧倒的シェア

世界的に有名な決済関連レポート「ザ・ニルソン・レポート2016」によれば、2015年における加盟店の取引件シェアは、以下のようになっています。

国際ブランド 取引件数 シェア
VISA 1261億件 55.52%
Master 597億件 26.27%
ユニオンペイ(銀聯) 290億件 12.79%
アメリカン・エキスプレス 73億件 3.21%
JCB 28億件 1.23%
ダイナース/ディスカバリー 22億件 0.99%

VISAとMasterの取引件数とシェアが群を抜いており、特にVISAはシェアで過半数を占めています。JCBは全体の1%強しかありません。

利用可能な国・地域と加盟店数はほぼ横並び

各クレジットカードが利用可能な国・地域と加盟店数は、以下の通りです(それぞれの国際ブランドの公式サイトを参照)。

国際ブランド 利用可能な国・地域 加盟店数
VISA 200以上 4400万店
Master 210以上 2400万店以上
JCB 約190 3000万店以上

かつてVISAはアメリカ、Masterはヨーロッパで強いと言われてきました。今でもその傾向は若干ありますが、昔ほど顕著な差があるわけではありません。

JCBは銀聯・アメックス・ダイナースと提携している

「JCBは日本では強いが海外ではイマイチ使えない」という印象がありましたが、数字を見てみるとVISAとMasterに引けを取りません。

実はJCB、その他国際ブランドのアメリカン・エキスプレス(アメックス)、ダイナースクラブ、ユニオンペイ(銀聯)と提携をして、加盟店の相互開放を行なっているのです。

お店に銀聯・アメックス・ダイナースのいずれかのステッカーが貼ってあれば、JCBのステッカーが貼っていなくてもJCBカードを利用できます。

masterとjcbは同じキャッシングネットワークを利用

クレジットカードはショッピングだけでなく、ATMを使って現地通貨を借入れできるキャッシングも可能です。クレジットカードでキャッシングするには、グローバルATMネットワークのステッカーがATMに貼られている必要があります。

国際ブランド ネットワーク名 利用可能ATM数
VISA PLUS 260万台
Master Cirrus 200万台以上
JCB

実は、JCBはMasterの提供する「Cirrus」を利用していますので、キャッシングに関しては、MasterとJCBには違いがありません。

VISA、Masterは自社でクレジットカード発行をしていない

VISAとMasterは、自社でクレジットカードの発行を行なっていません。VISAやMasterが提供するのはあくまでも決済機能だけです。

国際ブランドのライセンスを、各国のカード発行会社に提供して、各国のカード会社が実際にクレジットカードを発行しているのです。

JCBも、国際ブランドのライセンスを提供しているケースがありますが、以下のようなカードは自社で発行されたクレジットカードです。

  • JCB一般カード
  • JCBカードW
  • JCBプラチナ
  • JCBザ・クラス

自社で発行しているカードのことを「プロパーカード」と呼び、ライセンス提供しているカードよりもステータスが高く、サービスも充実しています。

楽天カードのVISA、MASTER、JCBの違いを徹底解説!

一般的な3つの国際ブランドの違いがある程度分かったところで、今度は楽天カードに絞って、3つの国際ブランドの違いを見てみましょう。

カードのデザインはJCBが最も選択肢が多い

楽天カードは、通常のカードデザインのほかに、お買い物パンダ、FCバルセロナ、楽天イーグルス、ディズニー、ヴィッセル神戸のデザインカードがあります。国際ブランドによって、対応状況が以下のように異なります。

  VISA Master JCB
お買い物パンダ ×
FCバルセロナ ×
楽天イーグルス ×
ディズニー × ×
ヴィッセル神戸 × ×

デザインカードを最も多く発行できる国際ブランドはJCBです。ただし、ヴィッセル神戸のサポーターカードを発行したいなら、VISAの一択です。

電子マネー派にはmasterがおすすめ

楽天カードを使って電子マネーへクレジットチャージをすると、楽天Edyは0.5%分、モバイルSuica、SMART ICOCAは1%分のポイントが付与されるのは、どの国際ブランドでも変わりありません。(nanacoチャージのポイント付与は2017年11月の改悪で終了)

しかし、au WALLETプリペイドカードへのクレジットチャージでポイントが付与されるのはMasterのみで、VISAとJCBではポイントが付与されません。

また、Apple Payについては、VISAはWALLETアプリ内でのチャージが不可能で、インターネットやアプリでの決済には利用できません。

visaを絡めた楽天カードの2枚持ちが可能

異なる国際ブランドのカードを2枚持っておけば、万が一の時も安心ですが、そのためには2回申し込みをして審査を受けなければなりません。

しかし、楽天カードでは1枚目をVISAにすることによって、もう1枚をMasterとJCBの好きな方から選べるのです。審査が1回で済むだけでなく、2枚目の年会費もお得です。

三井住友カードでも、VISAとMasterの2枚持ちが可能ですが、三井住友カードは同じ種類しか発行できません。

一方の楽天カードは、ランクもデザインもコンセプトも異なる2枚を組み合わせることができます。

国際ブランドごとの優待・特典

国際ブランドごとに、提供している主な優待・特典の内容が、以下のように異なります。

VISA
  • エクスペディアの海外・国内ホテル宿泊料金が8%オフ
  • Kaligoでのホテル予約でマイル贈呈20%アップ
  • 香港のショッピングモールでスペシャルギフトプレゼント
Master
  • ハーツのレンタカー料金が10%オフ
  • 食べログ掲載600店舗のレストランがお得に
  • Reluxで20%オフ(初回)、5000円オフ(何度でも)
JCB
  • 海外のJCBプラザを利用可能
  • 東京ディズニーランド完全貸切招待キャンペーン(JCBマジカル)に参加可能
  • 国内約3500の加盟店で優待あり
  • 海外加盟店でも優待あり

優待の使いやすさでいえば、国内での優待店舗が圧倒的に多いJCBに一日の長があります。

ディズニー好きの方は毎年抽選でチケットがもらえるJCBを選ぶのがおすすめです。

ただし、海外旅行メインで使うならば、VISAやMasterも捨てがたいです。


visa、master、jcb以外の国際ブランドを紹介

日本人にとってなじみのあるクレジットカードの国際ブランドは、VISA、Master、JCBです。

しかし、クレジットカードのシェアの項目でも紹介したように、3つ以外にも国際ブランドがあります。

中国を中心に急成長の「ユニオンペイ」(銀聯)

 三井住友銀聯カード

ユニオンペイは、日本では「銀聯カード」の呼び名が一般的です。

もともとは中国のデビットカードブランドでしたが、中国の経済成長に伴い、銀聯カードの世界進出も急速に進んでいます。

今や、VISA、Masterに次いで、シェアでは第3位に躍り出ています。日本でも、一部クレジットカード会社で「追加カード」扱いで銀聯カードを発行しています。

旅行とエンタメに強い「アメリカン・エキスプレス」

 アメリカン・エキスプレス

アメリカン・エキスプレスは、ステータスカードの代名詞的存在です。

世界初のブラックカードを発行したのも同社です。

歴史的に、旅行とエンターテインメント関連に強みを持ち、ホテルやチケット予約に威力を発揮します。

ダイニングに強い「ダイナースクラブ」

ダイナースクラブカード

アメックスと並んでステータスの高いカードが、ダイナースクラブです。

アメックスブランドは日本での会員数が比較的多いのですが、ダイナースはそれと比べて会員数は多くありません。提携している会社も、世界的大企業ばかりです。

ダイナースの名前の通り、ダイニングに強みを持つ国際ブランドです。

一見さんお断り、予約困難なレストランや料亭でも、ダイナースクラブのデスクを通じて申し込めば、予約できる可能性が高まります。

日本では未発行の「ディスカバー」

アメリカ発の国際ブランドである「ディスカバー」ですが、日本ではディスカバーを搭載したクレジットカードは発行されていません。

ただし、JCBと加盟店の相互開放を行なっているため、ディスカバーカードをJCB加盟店で使うことができます。

基本はVISA!VISAがあるなら他の国際ブランドを選ぼう

クレジットカードを発行するなら、取引件数が多く認知度の高いVISAがおすすめです。

ただし、すでにVISAのクレジットカードを持っているなら、他の国際ブランドにした方がいいでしょう。

さらに隙を失くしたいならMaster、日本での使い勝手を重視するならJCBがおすすめです。ステータスを重視するならアメックスやダイナースがいいですね。




いま一番お得な入会キャンペーンはこれ!

1万円分を超えるポイントがカンタンにもらえるのは入会キャンペーンだけ!
クレジットカードは「入会キャンペーンの特典」で選びましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。