入会特典目当てで発行したカード、すぐ解約しても大丈夫?


クレジットカードの特典目当てに入会する人、そして入会特典をもらったらすぐ解約しようと考えている人もいるのではないでしょうか。

この記事では、クレジットカードをすぐに解約することの是非と、入会特典を最大限に受け取るためのポイントも紹介します。


入会特典はクレジットカード新規入会者獲得の促進策

主なクレジットカードの一般的な入会特典の例を挙げてみましょう。

カード名 特典内容
楽天カード 5000ポイント
リクルートカード 最大8000ポイント
Yahoo!JAPANカード 最大1万ポイント

 

 Yahoo!JAPANカード

この3枚の人気カードは、どれも年会費は完全無料です。年会費が必要ないにもかかわらず、5000円~1万円分のポイントを入会特典としてプレゼントされるので、非常に魅力的ですよね。

クレジットカード会社は、新規入会者獲得の促進策として、入会特典を実施しています。「損して得取れ」ではありませんが、新規入会でポイントをばらまいて赤字を出しても、その後のカード利用による手数料収入で、利益を出そうと考えています。

つまり、将来の利益のために入会時は損をしても構わない、そんなスタンスなのです。

特典目当てで新規入会・解約するのは問題なし

特典を目当てに新規入会を検討している人は多いでしょう。もちろん、クレジットカード会社も新規入会者を増やすために入会特典を付けているのですから、入会特典が目的でクレジットカードの申込をしてもまったく問題はありません。

特典をもらったらすぐ解約することも、特に問題ありません。クレジットカード会社も、一部の人が入会特典だけもらって解約することを想定して、入会キャンペーンを実施しているのです。

多くのカードで、入会特典の受け取りには条件がある

入会するだけでもらえる特典は、その特典だけもらって解約されると、クレジットカード会社はもちろん損をしてしまいます。

ですから、キャンペーンの特典を受け取る条件として、入会以外のさまざまな条件を設定し、「できるだけカードを使ってもらえる仕組み」「すぐに解約されないような仕組み」を作っています。

一度利用することが条件のカード

「初回利用で3,000ポイント」といった形で、一度でも利用すれば特典がもらえるタイプです。

クリアするのはとても簡単で、楽天カードやYahoo!JAPANカード、リクルートカードが代表的です。

一番多いのは、利用金額に応じた特典の進呈

「カード発行から3ヶ月以内に3万円以上の利用」といった形で、設定された金額以上を利用すると特典がもらえるタイプです。

利用金額の条件は、三井住友VISAカード、VIASOカードのほか、多数のカードで設定されています。

イオンカードのように、2万円以上の利用で1,000円分、4万円以上利用すれば2,000円分といった形で二段階の金額設定をしているものもあります。

カード会社としては利用分の手数料で少し回収できますが、それでも還元率換算すると5%や10%を超えるものも多く、基本的にカード会社は赤字です。

入会特典の進呈時期が遅いカードも

申込・入会をしても、入会特典がすぐもらえるカードばかりではありません。

JCBオリジナルシリーズの入会特典と、特典の進呈時期は以下のようになっています。

条件 特典内容 進呈時期
新規入会 2000円分のギフトカード 入会月の翌々月末ごろ
家族カード(資料請求後の申込) 最大2000円分のギフトカード キャンペーン終了後3か月後
「支払い名人」登録&利用 1500円キャッシュバック 登録期間終了後3か月後

すべての特典をもらおうとすると、最低でも3か月はかかるということになります。進呈を待たずにカードを解約したり、対象サービスを解除したりすると、特典はもらえません。

リボ払いの設定が条件のカードも

毎月の支払額が一定となるリボ払い、この設定が入会特典の条件となっているクレジットカードもあります。

三井住友VISAカードでは、リボ払い「マイ・ペイすリボ」を設定して、入会後1か月以内に6万円以上利用すると、6000円のキャッシュバックを受けられます。

一見魅力的な入会特典ですが、リボ払いで繰り越した分には、年15%の手数料が発生します

毎月の支払金額を高めに設定しておかないと、利息を取られてしまうことに注意が必要です。入会後1か月以内にリボ払いの設定を解除すると、キャッシュバックは受けられません。

入会特典対象外のカードもある

複数のクレジットカードを発行しているカード会社も多いですが、カードによっては入会特典の対象外となる場合もあります。

先ほど紹介した三井住友VISAカードの入会特典は、提携カードや法人カード、三井住友マスターカード(一部)、プラチナカード(一部)などは入会特典の対象ではありません。

 


特典目当てが過ぎるとデメリットも

入会特典目当てでクレジットカードに申し込み、特典をもらったら解約することに基本的には問題ありませんが、やり過ぎるとデメリットもあります。

複数のクレジットカードに立て続けに新規入会をすると審査落ちの可能性

1枚のクレジットカードに新規入会する場合はまず問題ありませんが、多くのクレジットカードに立て続けに新規入会申込をするのは、あまりおすすめできません。

クレジットカード会社は新規申込みを受け付けると、信用情報の確認をします。

「信用情報」とは、個人のお金の借り入れに関する情報が記録された情報で、信用情報機関によって管理されています。クレジットカード会社は信用情報機関に情報の開示請求を行ない、開示された信用情報をもとに審査を行ないます。

信用情報には、申込に関する情報も記録されており、6か月間に申し込んだローン、クレジットカードなどの情報が記載されています。

立て続けに複数のクレジットカードに申し込むと、「よほどお金に困っているのでは」「返済されないリスクが高いのでは」と判断され、審査落ちする可能性もあるのです。

日頃カードをよく利用していて、延滞もほとんどない人なら、月に2枚程度のペースで申し込んでも問題ないでしょう。

ですが、ほとんどカードを利用していない人、支払いを滞納しがちな人は信用度が低いため、2か月に1枚程度の申込みにしておくのが安心です。

審査落ちすると他のクレジットカードの審査にも悪影響

審査落ちをすると、もちろん新規入会特典をもらえません。しかも、それ以降のクレジットカードの新規申込にも悪影響を及ぼすのです。

信用情報には申込情報とともに、「契約情報」も記載されています。契約した会社、限度額、契約日などが記載されています。開示された信用情報を見て、申込情報にはあるのに契約情報には記載がないカード会社があれば、それは審査落ちです。

審査落ちした人からクレジットカードの新規申込があれば、カード会社も特典目当てやお金に困っていることを疑います。その結果、普段よりも審査が厳しくなる可能性もあるのです。

キャッシング枠は特に注意

クレジットカードの申し込みで特に注意すべきは、キャッシング枠です。クレジットカードの限度額には、買物ができるショッピング枠とお金の借入ができるキャッシング枠があります。

ショッピング枠に特に法的規制はありませんが、キャッシング枠には貸金業法の規制が絡んできます。

「総量規制」というルールにより、年収の3分の1以上のキャッシング枠を設定することはできません。総量規制は、消費者金融などカードローンの限度額との合算で、実際の借入額ではなく設定された枠によって決まります。

新規申込をしたクレジットカードのキャッシング枠が、年収の3分の1を超える際は、確認のために審査に時間を要します。

新規入会キャンペーン期間が短い場合、期間内に発行できないかもしれません。年収の3分の1を超えない範囲内でキャッシング枠が減額されて通過すればよい方で、最悪の場合、審査落ちとなってしまいます。

キャンペーンの特典狙いの場合は、キャッシング枠を少なめにして申し込むのが安心です。

 

入会キャンペーンもご利用はほどほどに

クレジットカードの入会特典はとてもお得なので、たくさんのカードに申し込みたくなりますが、審査落ちしてしまってはどうしようもありません。

日頃カードをよく利用していて信用度が高い人は、月に2枚程度のペースでも大丈夫ですが、客観的に信用度が低いと思う人は、2か月に1枚程度にとどめておきましょう。

また、あらゆる入会特典をゲットしようと、手数料が発生するリボ払いを設定するのも注意が必要です。リボ払いは使い慣れないと手数料がかさんでしまいますので、支払管理の十分にできる人だけがリボ払いを設定しましょう。

クレジットカードの入会特典には、カード利用が条件となっているものが多いですが、入会特典目当てに無駄にお金を使うようでは、無駄遣いになってしまいます。自分のライフスタイルに合った入会条件だけをクリアするようにしてください。




いま一番お得な入会キャンペーンはこれ!

1万円分を超えるポイントがカンタンにもらえるのは入会キャンペーンだけ!
クレジットカードは「入会キャンペーンの特典」で選びましょう。