クレヒス(クレジットヒストリー)の確認はネットでもOK


クレジットカードの審査が通らないのは、クレヒス(クレジットヒストリー)が原因の可能性があります。自分のクレヒスは自分で確認できるので、原因を突き止めて問題点を改善できるでしょう。この記事では、クレヒスとは何かを解説してから、クレヒスの確認方法や注意すべき点、クレヒスの作り方や積み方を紹介します。


「クレヒス」とはローンやクレジットカードの履歴

クレヒス(クレジットヒストリー)とは、日本語で「信用履歴」と言います。「信用」とは即時決済をせずに後日決済をすることで、主に各種ローンやクレジットカードなどのことです。

信用情報は信用情報機関によって管理

各種ローンやクレジットカードの取引情報(信用情報)は、ローン会社やクレジットカード会社などで記録するのはもちろん、信用情報は「信用情報機関」と呼ばれる第三者機関でも管理されています。

利用者から新規申込を受けたローン会社・クレジットカード会社などは、信用情報機関に利用者の信用情報の開示請求を行ないます。開示された信用情報は、審査における重要な判断材料となるのです。

日本には3つの信用情報機関がある

日本には、「CIC」「JICC」「KSC(JBA)」という3つの信用情報機関があります。それぞれの信用情報機関は、以下のように特徴が微妙に異なります。

クレジットカード会社が登録している「CIC」

CICは、割賦販売法(ショッピングでの利用)、貸金業法(キャッシングでの利用)に基づく信用情報機関として、国から指定を受けています。そのため、クレジットカード会社は必ずCICに登録しているのです。クレジットカードでのショッピングやキャッシングだけでなく、携帯電話本体の分割払いも割賦販売法の適用を受けます。よって、携帯電話本体を分割払いで購入した人も、CICに登録されます。

消費者金融系が登録している「JICC」

JICCは、貸金業法に基づく国からの指定信用情報機関です。主な加盟会社は、以下の通りです。

  • 消費者金融
  • リース会社
  • 保証会社
  • 流通系クレジットカード会社

銀行系が登録している「KSC」

KSCは、銀行や労働金庫、信用金庫などの金融機関が登録しています。また、銀行系クレジットカード会社も登録しています。銀行から住宅ローンや自動車ローンの融資を受けると、必ずKSCに登録されます。

主なクレジットカード会社が登録している信用情報機関

では、主なクレジットカードがどの信用情報機関に登録しているか、見てみましょう。

カード会社 CIC JICC KSC
三井住友カード ×
楽天カード ×
三菱UFJニコス ×
ジャックス × ×
JCB ×
セゾンカード △(提携)
アメリカン・エキスプレス
ダイナースクラブ × ×

基本的に、登録している信用情報機関以外の信用情報を、クレジットカード会社が開示請求することはできません。

 三井住友カード

 セゾンカード

異動情報は3つの信用情報機関で共有される

しかし、異動情報は3つの信用情報機関で共有される情報です。異動情報とは別名「事故情報」とも呼ばれており、以下の情報が登録された場合が対象となります。

  • 3か月以上の長期延滞
  • 債務整理(任意整理、特定調停、個人再生、自己破産)
  • 強制解約
  • 代位弁済

異動情報が登録された状態が、いわゆる「ブラックリスト入り」した状態であり、ブラックリスト入りするとまずクレジットカードの審査は通りません。

クレヒスの確認方法

利用者から申込を受けたクレジットカード会社やローン会社以外に、申込者本人も信用情報を確認することができます。各信用情報機関で可能な開示請求方法は、以下の通りです。

  CIC JICC KSC
PC × ×
スマホ ×
郵送
窓口 ×

具体的に、どのようにして確認できるのかを説明していきましょう。なお、全てのクレジットカード会社が加盟しているCICのケースをここでは紹介します。

PC・スマホの場合

  1. 利用前の確認
  2. 受付番号の取得:クレジット契約で利用した電話番号からカード会社に連絡をして、受付番号を取得
  3. お客様情報の入力:8時~21時45分に受付番号などを入力(受付番号取得から1時間以内に入力)
  4. 開示報告書の表示:PDFファイルをダウンロード、利用手数料1000円(カード払い)

郵送の場合

  1. 必要書類を準備:信用情報開示申込書・本人確認書類
  2. 手数料を用意:ゆうちょ銀行定額小為替証書(1080円)
  3. 郵送:必要書類と手数料をCICに送る
  4. 開示報告書が到着:約10日後に到着

窓口の場合

  1. 必要書類(本人確認書類)を準備
  2. 最寄りのCIC「開示ご相談コーナー」へ来所(手数料は現金500円)
  3. 必要事項の入力:窓口でタッチパネルの入力後に本人確認
  4. 開示報告書の受取:希望者には内容の説明もあり

開示された信用情報で注目すべき点

開示された信用情報には、様々な項目が事細かに記録されていますので、正直よく分かりません。しかし、クレジットカードの審査に特に影響を与えるポイントだけ押さえれば、分かりやすいです。ここでは、信用情報で特に注目すべき点を紹介しましょう。

「異動情報」が記録されているとまず審査落ち

先ほど説明した「異動情報」が記録されていると、まずクレジットカードの審査には通りません。しかも、異動情報はその内容によって、5年~10年間は抹消されません。

「極度額」はキャッシング枠の総量規制と関係あり

次に「極度額」(契約額)です。極度額は、クレジットカードのキャッシング枠に影響を与えます。総量規制という規則によって、年収の3分の1以上の貸付を行なえないようになっています。総量規制を順守するため、カード会社はキャッシング枠の極度額もチェックするのです。

「申込情報」で多重申し込みをチェック

「申込情報」を見て、短期間に複数の申込を行なっていないかをチェックしましょう。申込情報は6か月経つと消えますが、目安として6か月間に3件以上の申し込み」をした場合には、審査通過の可能性が低くなります。

「入金状況」で計画的な返済かをチェック

「入金状況」では、クレジットカード会社への返済状況を確認することができます。CICの場合、返済状況は記号で表されており、それぞれに以下のような意味があります。

記載 意味
請求通り(またはそれ以上)の入金
P 請求額の一部入金
R 利用者以外からの入金
A 未入金(利用者都合)
B 未入金(利用者以外の都合)
C 未入金(原因不明)
請求も入金もなし
空欄 カード会社からの情報更新なし

過去にさかのぼって24か月間表示されますが、A」「P」の表示がある方は要注意です。

クレヒスの作り方・積み方

良好なクレヒスを作って積み上げることは、住宅ローンやマイカーローンなどの高額融資、ゴールドカードやプラチナカードなどのステータスカード申込に役立ちます。ここでは、良好なクレヒスの作り方・積み方を紹介しましょう。

ハードルの低いクレジットカードに申し込む

クレヒスを作れる手段を持っていないことには、意味がありません。最も手っ取り早いのは、審査ハードルの低いクレジットカードを持つことです。「アコムACマスターカード」「楽天カード」などは、かなり審査ハードルが低いです。「イオンカード」「セブンカード・プラス」などのスーパー系は、店頭で新規入会キャンペーンを行なっていることが多く、これを使って申し込むとハードルをさらに低くできます。

 アコムACマスターカード

携帯電話本体の割賦契約でもクレヒスを作れる

意外かもしれませんが、携帯電話本体を分割払いすることでも、クレヒスを作れます。前述したように、割賦販売法ではCICに登録されます。ただし、利用料金の支払いや携帯電話本体の一括払い(一括0円など)では、クレヒスが作れませんので注意しましょう。

定期的な利用&計画的な返済が良好なクレヒスへの近道

せっかくクレジットカードを作っても、全く使わないのではクレヒスが作れません。頻繁に利用することで、情報の数を増やしましょう。金額や利用店舗は重要ではなく、利用頻度が重視されます。しかし、利用しても返済が遅れてしまっては逆効果です。期日までにきちんと返済しましょう。

確実に返済して良いクレヒスを

クレジットカード会社は必ず信用情報機関に登録しており、信用情報はカード審査に大きな影響を及ぼします。自分の信用情報を自分でチェックすることも可能ですが、その際には「異動情報」「極度額」「申込情報」「入金状況」を必ずチェックしてください。

良好なクレヒスを作り積み上げるためにも、まずはクレヒスを作る手段を持ち、それから計画的に返済しましょう。




いま一番お得な入会キャンペーンはこれ!

1万円分を超えるポイントがカンタンにもらえるのは入会キャンペーンだけ!
クレジットカードは「入会キャンペーンの特典」で選びましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。