クレジットカードを持たない主義だと悲劇に!?現金派の意外なデメリットとは


「現金派だが不便だし不安なので、クレジットカードを検討している」という人、いるのではないでしょうか。

この記事では、現金派のデメリット、クレジットカードのメリットを解説するとともに、おすすめのクレジットカードも紹介します。


クレジットカードを持っていない人の意見・理由を紹介

まずは、現金派の主な理由・意見を紹介しましょう。

ソフトバンク・ペイメント・サービス(ソフトバンクカードを発行)では、普段の買い物時の支払い方法に関する実態調査を実施、その結果を公開しました(インターネット調査、20歳~49歳の男女500人、2017年9月15日~9月18日に実施)。

普段最も利用する支払方法は「現金」

まず、普段よく利用する支払方法についてですが、以下のような結果となりました。

現金 56%
クレジットカード 8%
プリペイドカード 8%
デビットカード 4%


普段現金で支払う人が、全体の半分以上
を占めています。現金派の人にとっては、心強いデータですね。

「クレジットカードだと無駄遣いしそう」の意見が多数

先ほどの質問で「現金」と回答した280名を対象に、クレジットカードを利用していない理由を尋ねたところ、以下のような結果となりました。

無駄遣いをしてしまうこと 2%
利用金額が把握しづらいこと 6%
盗難やスキミングなどされる可能性があること 1%
利用できる店が限られること 1%
その他 9%

最も多い回答は「無駄遣いをしてしまうこと」ですが、「利用金額が把握しづらいこと」も結局は無駄遣いにつながるため、無駄遣いへの不安は合計で7割以上と高い数字になっています。

現金派は財布が小銭でパンパンになる

ただし、現金派の方も自らのスタイルに不満があります。

同じく280名を対象に、普段現金で支払っていて感じる不満について聞いてみたところ、以下のような結果となりました。

財布が小銭でパンパンになってしまう 4%
大金を持ち歩く際になくすのではないかと不安になる 2%
現金が足りずにほしいものがすぐ買えないことがある 1%
ATMでお金をおろす際に並ばないといけない 15%
その他 3%

現金派の人は、特に海外旅行に行くとこれらの不満が積もることでしょう。

現地の硬貨をピッタリで出すのは簡単ではなく、海外旅行では大金を持ち歩くのも珍しくありません。

現金が必要となればATMに行かなければなりませんが、現地の言語で表示されていますので、操作方法に戸惑って時間がかかるかもしれません。

現金派のデメリットを紹介!

現金派にはメリットがあるものの、デメリットも存在します。

ここでは、クレジットカードを一度も持っていない人のデメリットを紹介しましょう。

ネットショッピングを利用しにくい

街中の店舗ではクレジットカード決済に対応していないお店も結構あります。

しかし、ネット通販ではほとんどの店がクレジットカード払いに対応しているだけでなく、主流な決済方法です。よって、現金派の人はネットショップを利用しにくいかもしれません。

ポイントが多く貯まらない

クレジットカードを利用すると、利用金額の0.5%~1%程度のポイントが貯まりますが、現金払いをしてもポイントは貯まりません。

ポイントカードを提示すれば現金払いでもポイントが貯まりますが、クレジットカードとポイントカードを併用すれば、ポイント二重取りとなってよりお得です。

バカにならない手数料

現金払いに伴う各種手数料もバカになりません。

代表的な手数料がATM手数料です。

1回あたりの手数料は108円~216円と大したことありませんが、積もり積もると結構な金額になります。

クレジットカードやローンの審査に不利となる

将来的なデメリットとして最も大きいのが、クレジットカードやローンの審査に不利となる点です。

いくら現金派の人でも、新車や住宅を購入する際に現金払いは現実的でないため、マイカーローンや住宅ローンを組みます。

ローン会社などが審査をする際には、信用情報機関という機関に信用情報(個人のお金の借入を記録した情報)を照会した上で、審査を行ないます。

「ブラック」「ホワイト」は審査に不利

この際、審査で不利となる属性の人に「ブラック」「ホワイト」という人がいます。それぞれ、以下のような意味です。

ブラック 長期延滞、債務整理などの金融事故を起こした人
ホワイト ブラック状態が解消されて以前の信用情報が消去された人

ブラックもホワイトも、過去に金融事故を起こした人ですので、ローン会社としては非常に警戒をします。

「スーパーホワイト」はホワイトとの区別がつきにくい

これまで一度もクレジットカードやローンのお世話になったことのない人を、「スーパーホワイト」と呼びます。

生粋の現金派ですが、一見問題ないように思えます。

しかし、スーパーホワイトの人の信用情報を見ても何も記録がないため、ホワイトとの区別が付けられません。

特に、30代になってもスーパーホワイトだと、「実はホワイトなんじゃないか」「これまでローンを組めない事情があるのでは」と勘繰られ、審査のポイントを下げられてしまうのです。


クレジットカードの利便性・メリットを紹介!

現金派の方はクレジットカードに対して偏見を抱き、それをデメリットと感じているかもしれません。

ここでは、クレジットカードの意外なメリットや利便性の高さを紹介しましょう。

紛失・盗難の際はクレジットカードの方が安心

現金派の理由の中で、「盗難のリスク」を挙げる人が多いですが、盗難の被害は実はクレジットカードの方が低いです。

紛失・盗難の被害に遭ったと気づいたら、カードの利用停止をするだけで被害を食い止めることができます。

万が一不正利用されたとしても、所定の条件を満たせば被害を補償してくれることも多いです。

一方、現金が紛失・盗難の被害に遭っても、まず戻ってくることはないと思ってください。

利用明細をネットで管理できる

現金派の理由として、「利用状況が把握しにくい」を挙げる人も多いですが、クレジットカードの会員サイトでは利用日や利用店舗、利用金額をWEB明細で確認できます。

現金派の人にとってはレシートが利用状況把握のツールですが、レシートをたくさん持っていたら、小銭と並んで財布をパンパンにしてしまう要因になります。

たくさんのレシートを整理して利用状況を把握するのも簡単ではありません。

付帯サービスや補償が充実

クレジットカードにもよりますが、付帯サービスや補償が充実しています。

ステータスの高いカードほど充実ぶりが際立っており、以下のようなサービスや補償があります。

  • 旅行傷害保険
  • ショッピング保険
  • 空港ラウンジの無料利用
  • 飲食店やホテルの優待

支払方法も非常にスマート

クレジットカードの支払いは非常にスマートです。

最近ではICチップを搭載したクレジットカードが増えているため、4桁の暗証番号を端末に入力するだけで、サイン不要で決済できます。

電子マネーを搭載したクレジットカードならば、リーダーにタッチするだけで決済完了です。もちろん、小銭も貯まりません。

現金派の人にもおすすめのクレジットカードを紹介

現金派の人も、クレジットカードのメリットを知ると乗り換えたくなるかもしれません。

そこでここでは、そんな方におすすめのクレジットカードを紹介しましょう。

安心で選ぶなら「三井住友VISAカード」

 三井住友VISAカード

安心で選ぶならば、「三井住友VISAカード」です。

三井住友カードの不正検知システムは、VISAインターナショナルから表彰を受けたほどです。

カードブランドのステータスも高いです。

若い現金派の人は「三井住友VISAデビュープラス」を選ぶと、審査のハードルも比較的低く、その割に充実したサービスを受けられます。

お得さで選ぶなら「楽天カード」

お得さで選ぶならば、「楽天カード」がいいでしょう。

学生はもちろん、専業主婦の方でも発行できるハードルの低さが魅力的です。

電子マネー「楽天Edy」、ポイントカード「楽天ポイントカード」も搭載されており、ポイント還元率も1%と、楽天カード1枚あればほぼ事足りてしまいます。

現金派の人は早めのクレジットカード乗り換えを!

リスクが高いと感じてクレジットカードを敬遠している現金派の人もいるでしょうが、実はクレジットカードの方がリスクは低いです。

今後の人生設計を考えると、クレジットカードを作って利用実績を作ることが、ローン審査通過にも役立ちます。

30代後半になって初めてクレジットカードを作ろうとしても、ハードルが非常に高くなっているため、作るならば早いに越したことはありません。




いま一番お得な入会キャンペーンはこれ!

1万円分を超えるポイントがカンタンにもらえるのは入会キャンペーンだけ!
クレジットカードは「入会キャンペーンの特典」で選びましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。