セゾンカードを解約するには?電話がなかなかつながらないことも

西友・リヴィンでは優位性のあるセゾンカードですが、西友・リヴィンを使わないと、セゾンカードは還元率の低い平凡なカードになってしまいます。この記事では、セゾンカードの特徴はもちろん、解約前の確認ポイントや解約方法、そしてセゾンカードの代わりになるおすすめカードも紹介しましょう。


セゾンカードの特徴

 セゾンカード

セゾンカードを解約する前に、セゾンカードの特徴をおさらいしましょう。意外と知らない特徴があり、解約すると後悔するかもしれません。

西友・リヴィンなどで5%オフ

毎月5日と20日、および特別開催日に、西友・リヴィン・サニーでセゾンカードを使ってお買い物をすると、購入金額の0.5%分の永久不滅ポイントが貯まるだけでなく、5%オフとなります。食料品だけでなく、衣料品や家電製品なども対象です。

セゾンカードの利用でnanacoポイントも貯まるサービス

事前に登録をした上で、全国のセブンイレブンでセゾンカードを使ってお買い物をすると、0.5%分の永久不滅ポイントだけでなく、1%分のnanacoポイントも貯められ、ポイント二重取りも可能です。

ポイントの有効期限なし

「永久不滅ポイント」という名前だけあって、セゾンカード利用で貯まった永久不滅ポイントは、有効期限がありません。他のクレジットカードのポイントは、有効期限が2~3年というものが多く、希望の特典までポイントが貯まらないうちに失効、ポイント交換をうっかり忘れて失効などということがありますが、セゾンカードならばこれらの心配がいりません。

ポイントの交換先が豊富

貯まった永久不滅ポイントは、以下のような特典に交換可能です。

交換先 永久不滅ポイント→交換先
カード利用分への充当 200ポイント→900円
ポイント運用 100ポイント単位
Tポイント 100ポイント→450ポイント
Amazonギフト券 200ポイント→1,000円
nanacoポイント 200ポイント→920ポイント
JALマイル 200ポイント→500マイル
UCギフトカード 500ポイント→2,000円

ギフト券やポイント移行だけでなく、カード利用分への充当やポイント運用まであり、使い道には困りません。

低コストなカード

一般的なセゾンカードは、年会費がかかりません。それだけでなく、家族カードやETCカードの年会費や新規発行手数料も無料です。持っているだけならば一切費用は掛かりませんので、解約は待った方が良いかもしれません。

セゾン解約前のチェックポイント

メリットの多いセゾンカードですが、それでもやはり解約しようと考えるのであれば、解約前に以下のチェックポイントを確認してください。そうしないと、最悪の場合、解約できません。

支払残高が残っていても解約は可能

セゾンカードの場合、支払残高が残っている時点での解約手続きが可能です。他のクレジットカードの場合、一括返済しないと解約できないこともあるので、すぐに解約できる点ではありがたいです。

今まで通りの引き落とし日に、カード解約後の支払残高も引き落とし口座から支払われます。リボ払い残高も、一括請求されることはありません。

解約しても永久不滅ポイントは失効しない場合が

永久不滅ポイントという名前ですが、残念なことに、セゾンカードを解約すると貯まった永久不滅ポイントは消滅します。しかし、解約したセゾンカード以外にセゾンカードを持っていれば、解約カード分の永久不滅ポイントは残ったセゾンカードに合算されます。他にセゾンカードを持っていない場合は、解約前に使いきりましょう。

家族カード・ETCカードも合わせて解約となる

セゾンカードの本カードを解約すると、それに付帯する家族カード・ETCカードも合わせて解約となります。代わりの家族カード・ETCカードを用意しておいてください。

代わりの引き落としカードを準備する

セゾンカードを解約してそのままにしておくと、セゾンカードで引き落とししていたネットショッピングや公共料金の支払いができません。代わりの引き落とし用カードを準備する、カード以外の方法で支払うなどの準備をしておきましょう。


セゾンカードの解約方法

チェックポイントをよく確認したら、いよいよセゾンカードの解約です。セゾンカードは会員サイトからの解約はできず、最寄りのセゾンカウンター、または電話で行なえます。

セゾンカウンターでの解約

セゾンカウンターで解約する際には、「解約するセゾンカード」「本人確認書類」を持参してください。セゾンカウンターの受付時間は店舗によって異なりますので、事前に確認しましょう。その場で解約手続きが完了します。

電話での解約

電話での解約手続きは、以下のような流れです。

  1. セゾンカードを用意
  2. カード裏面に記載のインフォメーションセンター(提携先によって異なる)に電話
  3. オペレーターにカードを解約したい旨を伝える
  4. 氏名・生年月日・カード番号・連絡先などを質問される
  5. 解約手続き完了
  6. セゾンカードにハサミを入れて破棄

混雑を避けて電話での解約を

近くにセゾンカウンターがない方は、電話での解約となりますが、インフォメーションセンターになかなか電話がつながりません。日付に関係なく、お昼頃は非常に電話が込み合います。また、

  • 4日~10日ごろ(4日がセゾンカードの請求部)
  • 18日~26日ごろ(20日前後に利用明細が到着し、特に混雑)
  • 土日祝日・その後の平日

も電話が込み合います。この日時を避けて解約手続きするようにしましょう。

セゾンカードに代わるクレジットカードを一挙紹介!

コストがかからないにもかかわらずセゾンカードの解約を希望する人は、0.5%という還元率に不満を抱いているケースが多いです。最後に、セゾンカードに代わる低コストで高還元率のクレジットカードを一挙に紹介しましょう。

還元率重視なら「P-one Wiz」

 P-one Wiz

年会費 無料
家族カード 年会費無料
ETCカード 年会費・新規発行手数料は各1,080円(税込)
還元率 0.5%のポイント+1%キャッシュバック
特徴
  • カード利用で自動的に1%キャッシュバック、ポイントも付与
  • パッケージツアー・レンタカーがお得
  • 50万円のショッピング保険が付帯

還元率&ステータスの方は「JCB CARD W」

 JCB CARD W

年会費 無料
家族カード 年会費無料
ETCカード 年会費・新規発行手数料とも無料
還元率 1%
特徴
  • 39歳以下&WEB入会限定
  • 通常のJCBカードの2倍、海外では4倍ポイントが貯まる
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険(利用付帯)

ポイントの貯まりやすさなら「楽天カード」

年会費 無料
家族カード 年会費無料
ETCカード 年会費は540円(税込)
還元率 1%
特徴
  • 楽天市場での利用はポイント3倍
  • 楽天Edyでの利用でもポイントが貯まる
  • 街中の楽天ポイント加盟店でもポイントが貯まる

セブン&アイグループへの鞍替えなら「セブンカード・プラス」

 セブンカード・プラス

年会費 500円(初年度無料、年5万円以上利用で翌年度無料)
家族カード 200円(初年度無料、年5万円以上利用で翌年度無料)
ETCカード 年会費・新規発行手数料とも無料
還元率 0.5%
特徴
  • セブン&アイグループの利用で1.5%還元
  • セブンイレブンでの対象商品購入でボーナスポイント
  • nanacoチャージで0.5%還元、オートチャージも可能

解約はセゾンカウンターがおすすめ

永久不滅ポイント、コストがかからないなどのメリットがあるセゾンカードを解約する前に、引き落としカードの変更、代わりの家族カードやETCカードを準備しておいてください。

解約方法には電話とセゾンカウンターがありますが、電話は混雑が予想されます。近くにセゾンカウンターがある場合は、セゾンカウンターに行って解約した方がスムーズに進むでしょう。



いま一番お得な入会キャンペーンはこれ!

1万円分を超えるポイントがカンタンにもらえるのは入会キャンペーンだけ!
クレジットカードは「入会キャンペーンの特典」で選びましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。