クレジットカード2枚持ちの最強の組み合わせはこれ【メインとサブ】


みなさん、完璧なクレジットカードを1枚ほしいと思うでしょうが、何もかも完璧なクレジットカードは存在しません。何かしらデメリットや弱点があるので、それを2枚目のクレジットカードで補う「2枚持ち」をすれば、穴がなくなります。クレジットカードの2枚持ちのメリット、そしてクレジットカード2枚持ちの最強の組み合わせを紹介します。


クレジットカード2枚持ちのメリット

まずは、クレジットカードを2枚持ちすることによるメリットを紹介しましょう。利便性や節約など、2枚目のクレジットカードを持つことで、利便性や節約効果など様々なメリットがあります。

クレジットカードの2枚持ちで、世界中で使えるようになる

2枚目のクレジットカードを持つことで、世界中でクレジットカードを利用できるようになります

例えば、JCBのクレジットカードを持っていると仮定しましょう。JCBは海外では使えるところがさほど多くありません。そこで2枚目として、世界中で使える「VISA」か「マスターカード」を持つのです。この2枚持ちで、国内ではJCB、海外ではVISAかマスターカードと、世界中で使えるようになります。

クレジットカードの2枚持ちで、万が一の時も安心

また、クレジットカードの2枚持ちをしていると、万が一の時も安心です。

1枚目のクレジットカードが紛失や盗難、磁気不良などのトラブルに遭って使えなくなったら、非常に困ってしまいますよね。しかし、2枚目のクレジットカードがあれば、1枚目が使えない状態でも使えますので、安心です。

メインカードとサブカードの使い分けで、ポイントが多く貯まる

そして、クレジットカードの2枚持ちをしていると、ポイントを多く貯められます。

最近では電子マネーが普及しておりますが、クレジットカードから電子マネーにチャージ(入金)をすることで、クレジットカードのポイントが貯まるクレカは多くありません。2枚目として電子マネーチャージでポイントが貯まるクレカを持っていると、ポイントの取りこぼしがありません

また、特定の使い方でポイントが多く貯まるクレジットカードもあります。基本的には1枚目のカードを使い、特定の店舗では2枚目のカードを利用すると、より多くのポイントをゲットできます。

これらについては、後ほど詳しく説明しましょう。

1枚目のメインカードにおすすめのクレジットカード

ここからは、「最強のクレジットカード2枚持ちはどんな組み合わせなのか」を紹介しましょう。最強の2枚持ちは利用者によって変わりますので、答えは一つではありません。しかし、1枚目におすすめのクレジットカードに共通すること、それは「穴が少ない」点ですここでは、1枚目におすすめのクレジットカードを紹介します。

共通ポイントも貯められる「楽天カード」

まず紹介するのは、「楽天カード」です。概要は、以下のようになっています。

年会費 無料
国際ブランド VISA、マスターカード、JCB
ポイント還元率 1%
申込資格 高校生を除く18歳以上
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
追加可能カード 家族カード、ETCカード

年会費無料で基本的なポイント還元率1%、そして18歳以上ならば誰でも申し込める点は、1枚目として十分なスペックです。国際ブランドも3つから選べますので、スキがありません。

楽天市場での利用で4%の還元率など、楽天グループでの利用がお得ですが、共通ポイント「楽天ポイント」加盟店での利用もお得です。楽天ポイント加盟店には、主に以下のようなお店があり、身近な店舗が揃っています。

店名 ジャンル 付与ポイント
マクドナルド 飲食店 100円(税込)→1ポイント
くら寿司 飲食店 200円(税抜)→1ポイント
ポプラ コンビニ 100円(税抜)→1ポイント
大丸 デパート 100円(税抜)→1ポイント
ツルハドラッグ ドラッグストア 200円(税抜)→1ポイント
紳士服コナカ ファッション 100円(税抜)→1ポイント
ジョーシン 家電 200円(税抜)→1ポイント
出光 カーライフ 2L→1ポイント

電子マネーチャージに強い「リクルートカード」

次に紹介するのは、「リクルートカード」です。概要は、以下のようになっています。

年会費 無料
国際ブランド VISA、マスターカード、JCB
ポイント還元率 1.2%
申込資格 18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入がある人
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
追加可能カード 家族カード、ETCカード

還元率などの点で、楽天カードよりもさらにスキのないカードとなっています。特に優れているのが、電子マネーへのクレジットカードでポイントを貯めやすい点です。国際ブランドによって、チャージでポイントが貯まる電子マネーが、以下のように異なります。

国際ブランド クレカチャージでポイントが貯まる電子マネーなど
VISA nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
マスターカード nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA、au WALLET
JCB nanaco、モバイルSuica

該当する電子マネーにクレジットチャージすると、1.2%分のリクルートポイントがもらえます。JCBは対応する電子マネーが少ないですが、ETCカードの新規発行手数料が無料(その他の国際ブランドは1,080円)なので、ETCカードを持つ人は、JCBもありでしょう。

旅行傷害保険が充実している「REX CARD」

最後に紹介するのは、「REX CARD」です。概要は、以下のようになっています。

年会費 無料
国際ブランド VISA
ポイント還元率 1.25%
申込資格 高校生を除く18歳以上で電話連絡可能な方
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(自動付帯)
追加可能カード 家族カード、ETCカード

VISAブランドしかありませんが、VISAは世界中で使えるので大きなデメリットではありません。基本的なポイント還元率は、リクルートカードを上回る1.25%と、かなりのハイスペックです。

そして、REX CARDは国内・海外旅行傷害保険が付帯しているのが、年会費無料カードにしては素晴らしいです。その補償内容は、以下のようになっています。

海外(自動付帯)
補償項目 最高補償金額
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害・疾病治療 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円(自己負担3,000円)
救援者費用 200万円
国内(利用付帯)
死亡・後遺障害 1,000万円
入院日額 5,000円
手術 20万円
通院日額 3,000円

2枚目のサブカードにおすすめのクレジットカード

次は、2枚持ちの2枚目におすすめのクレジットカードを紹介しましょう。1枚目が「穴のないクレジットカード」なのに対して、2枚目は「特定の使い方でお得になるクレジットカード」である点が異なります。ここでは、2枚目におすすめのクレジットカードを紹介しましょう。

イオングループでの利用がお得な「イオンカード」

 イオンカード

まず紹介するのは、「イオンカード」です。概要は以下のようになっています。

年会費 無料
国際ブランド VISA、マスターカード、JCB
ポイント還元率 0.5%
申込資格 18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方
海外旅行傷害保険 なし
追加可能カード 家族カード、ETCカード、イオンiD

イオンカード最大のメリットは、イオングループでとにかくお得な点です。イオングループでは、イオンカード利用者に対して以下のような優待を行なっています。

優待内容 条件
ときめきポイント2倍 毎日、イオングループ対象店舗
買い物代金5%オフ 毎月20日・30日、全国のイオン、マックスバリュなど
ときめきポイント2倍 毎月10日
買い物代金5%オフ 毎日15日、55歳以上の会員

ドコモの携帯でお得な「dカード GOLD」

次に紹介するのは、「dカード GOLD」です。概要は以下のようになっています。

年会費 1万円(税抜)
国際ブランド VISA、マスターカード
ポイント還元率 1%
申込資格 安定した継続収入のある学生を除く20歳以上
海外旅行傷害保険 最高1億円(自動付帯)
追加可能カード 家族カード、ETCカード

dカード GOLDは、2枚目ではなく、メインカードでも遜色ないほどのハイスペックなカードですが、ドコモ利用者は以下のように圧倒的にお得になるカードです。

  • ドコモ利用料金の10%をポイント還元
  • ドコモ携帯を最大10万円、3年間補償

ビックカメラとSuicaチャージがお得な「ビックカメラSuicaカード」

次に紹介するのは、「ビックカメラSuicaカード」です。概要は、以下のようになっています。

年会費 477円(税抜、初年度無料、年1回利用で次年度も無料)
国際ブランド VISA、JCB
ポイント還元率 1%
申込資格 日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方(高校生を除く)
海外旅行傷害保険 最高500万円(自動付帯)
追加可能カード ETCカード

ビックカメラSuicaカードは、ビックカメラでの利用で10%分のビックポイントが付与されます。また、ビックカメラSuicaカードにSuicaをクレジットチャージすると、1.5%分のビューサンクスポイントがプレゼントされます。つまり、ビックカメラSuicaカードを使って、ビックカメラでSuica払いをすれば、11.5%分のポイントがもらえるのです。

アマゾンユーザーはとにかくお得な「Amazonゴールドカード」

最後に紹介するのは、「Amazonゴールドカード」です。概要は以下のようになっています。

年会費 1万円(税抜)
国際ブランド マスターカード
ポイント還元率 1%
申込資格 本人に安定収入のある30歳以上の方
海外旅行傷害保険 最高5,000万円(一部利用付帯)
追加可能カード ETCカード、iD

Amazonゴールドカードは、アマゾンのヘビーユーザーならば必携のカードで、以下のような特典があります。

  • 申込完了後すぐに、仮カード(番号のみ、限度額3万円)を発行
  • Amazon利用でポイント還元率が5%、ポイントは即時加算
  • Amazonプライム会員に無料入会
  • カード会員限定のセールに参加可能

「最強の2枚持ち」の組み合わせは、利用者次第

今回は、クレジットカードの2枚持ちを紹介してきましたが、1枚目と2枚目の組み合わせは、利用者次第です。紹介したカードだけでも、以下のような組み合わせが考えられます。

テーマ 1枚目のクレジットカード 2枚目のクレジットカード
VISAとマスターでスキのない国際ブランド REX CARD dカード GOLD
ネットもリアルもお得に 楽天カード Amazonゴールドカード
ポイントを取りこぼさない リクルートカード 楽天カード
海外旅行でお得に REX CARD dカード GOLD
ポイントを多く貯めたい dカード GOLD ビックカメラSuicaカード

他にも、数多くのクレジットカードがあり、2枚持ちの組み合わせは限りないです。皆さんも、自分なりの最強の2枚持ちのクレジットカードを考えてみてください。




いま一番お得な入会キャンペーンはこれ!

1万円分を超えるポイントがカンタンにもらえるのは入会キャンペーンだけ!
クレジットカードは「入会キャンペーンの特典」で選びましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。