楽天カードVISAはマスター/JCBと2枚持ちができて便利


「楽天カードを1枚持ってるけど、別の国際ブランドでもう1枚ほしい」など、2枚持ちしたい方は少なくありません。楽天カード、実は2枚持ちが可能です。この記事では、楽天カードを2枚持ちするメリット、2枚持ちするための方法や条件、注意点などを紹介します。


楽天カードを2枚持ちする3つのメリット

楽天カードを2枚持ちすると、以下のようなメリットがあります。

異なる国際ブランドによって利用場所が増える

まず、2枚の楽天カードの国際ブランドが異なることによって、利用できる場所が増えてきます

海外旅行に楽天カードを持って行く場合には、VISAとマスターの2枚持ちをしておけば、ほぼ世界中で利用可能です。VISAとJCBの組み合わせならば、「国内ではJCB、海外ではVISA」という使い分けもできます。

簡単な審査で2枚目の楽天カードが持てる

本楽天カードを2枚ほしいのであれば、その都度申し込んで審査を受けても構いません。しかし、「デュアル発行」を選択すれば、簡単な審査で2枚目のクレジットカードを持つことができます。

審査に不安のある方、いちいち新規申込をするのが面倒な方におすすめです。

国際ブランド独自のサービスを受けられる

楽天カードに限らず、VISA、マスター、JCBの各国際ブランドで、オリジナルのサービスを受けることができます。2枚持ちをしていれば、2種類の国際ブランドのサービスを同時に受けられます。国際ブランドごとの主なサービスやメリットは、以下の通りです。

国際ブランド サービス・メリットなど
VISA ・全世界で使える「優待特典」
マスターカード ・国内外で受けられる優待サービス「プライスレス」を利用可能・「海外優待ガイド」を利用可能・ホテル予約サイト「Hotels.com」での予約で8%オフ
JCB ・海外主要都市、主要観光地にある「JCBプラザ」「JCBプラザラウンジ」を利用可能・優待を受けられる「JCB優待ガイド」が利用可能

特に、海外で使える特典が多いのですが、日本発の国際ブランドであるJCBは、日本国内でも利用可能なサービスが多いです。

楽天カード内でも、国際ブランドで違いはある

楽天カードに限らず、国際ブランドによって受けられるサービスは異なります。さらに、楽天カードならではの、国際ブランド別のサービスの違いもあるのです。

お買い物パンダデザイン、VISAは不可

まずは、楽天カードのテレビCMでも登場している「お買い物パンダ」ですが、カードデザインで選択することもできます。ただし、お買い物パンダデザインを選択できるのは、マスターとJCBのみで、VISAブランドはお買い物パンダデザインを選択できません。

電子マネーへのクレジットチャージは、マスターがおすすめ

次に、電子マネーへ楽天カードでクレジットチャージをした場合、チャージできるか、チャージで楽天ポイントがもらえるかに違いがあります。主な電子マネーの対応状況を、国際ブランド別で見てみましょう。「△」は、利用できるが「ポイントが付かない」「機能制限がある」ことを示しています。また、ポイント還元がある場合には、還元率も記載しています。

国際ブランド VISA マスターカード JCB
楽天Edy ○(0.5%) ○(0.5%) △(ポイント付与対象外)
モバイルSuica ○(1%) ○(1%) △(ポイント付与対象外)
SMART ICOCA ○(1%) ○(1%) △(ポイント付与対象外)
nanaco × × △(ポイント付与対象外)
au WALLET × ○(1%) ×
Apple Pay △(アプリ内でのチャージ、ネットアプリの決済不可)

電子マネーとの相性が最も良い楽天カードは、「マスターカード」です。

楽天カードの2枚持ち、手続きは簡単

「でも、2枚目を申し込むのって結構面倒なんじゃないの」と思っている人もいるかもしれません。しかし、楽天カードを2枚持ちするのは、とっても簡単なんです。以下で、簡単に説明しましょう。

  1. 会員サイト「楽天e-NAVI」へログイン
  2. 「カードの追加・切替」をクリック
  3. 追加カード候補から希望のカードを選択
  4. 本人情報などを確認
  5. 希望の国際ブランド・カードデザインを選択
  6. 入力内容の確認をして、「申込を完了する」をクリック

これで完了です。本人確認書類の提出などはありませんし、審査も新規よりは簡単です。


楽天カード、2枚持ちの組み合わせを紹介!

メリットも多く、申し込みもさほど難しくない楽天カードの2枚持ちですが、楽天カードには様々な種類があり、どんな組み合わせにしようか悩んでしまいますね。そこでここでは、おすすめの楽天カード2枚持ちの組み合わせを紹介しましょう。

女性におすすめの「お買い物パンダ」+「楽天PINKカード」

女性におすすめの2枚持ちの組み合わせは、「お買い物パンダ」+「楽天PINKカード」です。1枚目は「お買い物パンダ・VISA」にして、普段使いのカードとして利用します。パンダデザインはとってもキュートなので、思わず出したくなっちゃいます。

2枚目は「楽天PINKカード」で、国際ブランドはマスターでもJCBでも構いません。楽天PINKカードは、有料で加入できる女性にうれしい保険や優待など、サービスが充実していますので、女性はぜひほしいところです。楽天PINKカードも、お買い物パンダデザインを選択できます。

海外旅行派には「楽天ANAマイレージクラブカード」+「楽天プレミアムカード」

 楽天プレミアムカード

海外旅行派におすすめの2枚持ちは、「楽天ANAマイレージクラブカード」+「楽天プレミアムカード」です。1枚目の「楽天ANAマイレージクラブカード・VISA」は、ショッピング利用でANAマイルを貯めることも可能で、マイラーにはおススメです。

2枚目の「楽天プレミアムカード」は、国内外での優待が充実しているJCBブランドにしておくといいでしょう。楽天プレミアムカードには、世界中の空港ラウンジが利用可能なパスを無料でゲットできる、充実の旅行傷害保険などのメリットがあります。

楽天カード、2枚持ちの3つの注意点

ただし、楽天カードを2枚持ちする際には、以下のような注意点があります。

2枚持ちのうちの1枚目は「VISA」でなければならない

楽天カードの2枚持ちでありうる組み合わせは、「VISA&マスター」「VISA&JCB」「マスター&JCB」ですが、2枚のうち1枚はVISAでなければなりません。よって、「VISA&マスター」「VISA&JCB」のいずれかの組み合わせです。

必ず2枚持ちできるとは限らない

また、必ず楽天カードの2枚持ちができる保証はありません。新規よりは簡単なものの審査があり、以下のような人は2枚目が審査落ちとなる場合もあります。

  • 1枚目の楽天カードの利用がない
  • 1枚目の楽天カード、他のクレジットカードで延滞などがある
  • 楽天カードと何らかのトラブルを起こした

利用限度額は2枚のカードで共有

ショッピング枠やキャッシング枠を増やしたいがために、楽天カードの2枚持ちを考えている人もいますが、そうはいきません。楽天カードの2枚持ちをすると、限度額は2枚で共有となり、高い方の利用限度額の枠内でしか利用することができないのです

例えば、2枚持ちの楽天カードの共通の限度額が50万円だとして、1枚目で25万円、2枚目で15万円利用した場合、2枚合計で残りの利用限度額は「10万円」となります。

楽天カードの2枚持ち、その可能性は無限大

楽天カードの2枚持ち、その使い方は無限大です。

  • 1枚目と2枚目で支出先を分ける
  • 異なる国際ブランドのサービスを受ける
  • 万が一の予備として
  • お気に入りのデザインのカードがほしい

他にも2枚持ちの使い方はありますが、国際ブランドごとのメリット、2枚持ちの注意点なども参考にして、自分だけの2枚持ちを実現してください。




いま一番お得な入会キャンペーンはこれ!

1万円分を超えるポイントがカンタンにもらえるのは入会キャンペーンだけ!
クレジットカードは「入会キャンペーンの特典」で選びましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。