国際キャッシュカードを徹底比較!おすすめはこのカード


かつて、海外旅行の必須アイテムは「クレジットカード」でしたが、今は、「国際キャッシュカード」「デビットカード」など、様々なカードが登場しています。選択肢が増えて、国際キャッシュカードやデビットカードを持って行こうか検討している人もいると思いますので、この記事では、国際キャッシュカードやデビットカードなどを徹底比較するとともに、海外で現金を引き出せるおすすめカードを紹介しましょう。


国際キャッシュカードとデビットカードを比較してみる

まずは、いまいち違いがよく分からない、国際キャッシュカードとデビットカードの違いについて比較してみましょう。

国際キャッシュカードは「海外でも現地通貨が引き出せるキャッシュカード」

国際キャッシュカードとは、簡単に言うと「海外でも現地通貨が引き出せるキャッシュカード」です。

国際キャッシュカードを発行するには、カード発行会社である金融機関の口座を開設しなければなりません。開設した口座に日本円を入れておけば、海外の銀行ATMを使って現地通貨を引き出すことができます。口座開設をして発行するキャッシュカードですので、日本国内のATMでも日本円を引き出せます。主な国際キャッシュカードは、以下の通りです。

  • インターナショナルキャッシュカード(新生銀行)
  • プレスティアキャッシュカード(SMBC信託銀行)
  • 国際キャッシュカードサービス(三井住友銀行)

ただし、あくまでもキャッシュカードですので、日本国内や海外でショッピングに使うことは、基本的にできません。

デビットカードは「その場で支払いが完了するショッピング可能なカード」

デビットカードとは、「その場で支払いが完了するショッピング可能なカード」です。国際キャッシュカードはキャッシュカードですが、デビットカードはどちらかと言うとクレジットカードに近いですね。

カード発行元は、国際キャッシュカードと同様に金融機関で、カード発行には口座開設を必要とします。デビットカードにはVISAJCBの国際ブランドが搭載されていますので、日本国内はもちろん、海外でもショッピングが可能です。クレジットカードと比較すると、デビットカードは決済と同時に即時口座から引き落とされる点が異なります。

主なデビットカードは、以下の通りです。

  • 三菱東京UFJデビット
  • 楽天銀行デビットカード
  • 横浜バンクカード
  • ジャパンネット銀行Visaデビット付きキャッシュカード(ファミデビ)

ただし、キャッシングができないクレジットカードがあるように、キャッシュカード機能が付いていないデビットカードもあります。特に日本国内では、キャッシュカードとして利用できないデビットカードもあります。

第三の選択肢「海外プリペイドカード」

海外での利用を念頭に置いているなら、「海外プリペイドカード」も候補に入ります。これは、金融機関の口座開設を必要とせず、チャージ専用口座に入金をして利用するものです。以下のようなカードがあります。

  • キャッシュパスポート
  • マネパカード
  • NEO MONEY

おすすめ国際キャッシュカード&デビットカードを一挙紹介!

国際キャッシュカードとデビットカードを比較して、その違いが分かったところで、ここからはおすすめの国際キャッシュカード&デビットカードを一挙紹介しましょう。

「新生銀行インターナショナルキャッシュカード」は専用カードの発行なし

発行会社 新生銀行
引出可能な海外ATM VISA、PLUSのついたATM
引き落としされる口座 円普通預金口座
海外ATM出金限度額 10万円/日

新生銀行のインターナショナルキャッシュカードは口座開設時に送られるキャッシュカードをそのまま使えますので、改めて専用カードを発行する必要がありません。海外のPLUS、VISAの付いたATMで現地通貨を引き出せます。海外でキャッシュカードの盗難・紛失があっても、新生パワーコールが24時間365日対応してくれますので、安心です。

特典がいっぱいの「SMBC信託銀行プレスティアキャッシュカード」

発行会社 SMBC信託銀行
引出可能な海外ATM VISA、PLUS、citi、citibankのついたATM
引き落としされる口座 円普通預金口座、米ドル普通預金口座
海外ATM出金限度額 50万円相当額/日

SMBC信託銀行プレスティアキャッシュカードを持っていれば、国内外提携金融機関ATMの利用手数料が実質0円です。また、国内他行への振込手数料が、38%オフとなります。さらに、アメリカへの渡航が多い方は、米ドルの普通預金口座を決済口座に使えるキャッシュカードを発行でき、利用の都度為替手数料がかかりません。そして、海外留学のお子さんにぴったりの「代理人カード」も発行できます。

限度額を細かく自分で設定可能な「SMBCデビット」

 SMBCデビット

 

発行会社 三井住友銀行
申込可能年齢 15歳以上(中学生除く)
国際ブランド VISA
引出可能な海外ATM VISA、PLUSのついたATM
引き落としされる口座 円普通預金口座
海外ATM出金限度額 10万円/回、10万円/日、100万円/月

カード発行時の限度額は、ショッピングが「50万円/回、50万円/日、50万円/月」、海外ATM出金限度額は「10万円/回、10万円/日、30万円/月」となっていますが、それぞれ利用限度額を変更することが可能です。国内外でタッチ決済が可能で、国内では「iD」加盟店、海外では「Visa payWave」加盟店で、カードをリーダーにタッチするだけで決済ができます。

還元率1%の「楽天銀行デビットカード(JCB)」

 楽天銀行デビットカード

発行会社 楽天銀行
申込可能年齢 16歳以上
国際ブランド JCB
引出可能な海外ATM cirrusのついたATM
引き落としされる口座 円普通預金口座
海外ATM出金限度額 50万円/日

楽天銀行デビットカード(JCB)は、年会費が無料で、ショッピングでの利用100円ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント付与されます。デビットカードにおいては、最高ランクのポイント還元率です。楽天銀行のデビットカードは、会員ページでATMの出金に関する制限をすることができます。限度額はもちろん、提携ATMごとに出金を停止することも可能、ATMから出金できる時間帯も2つまで設定できますので、不正利用の可能性が格段に低くなります。

ファミリーマートでお得なデビットカード「ファミデビ」

 VISAデビット付キャッシュカード(ファミデビ)

発行会社 ジャパンネット銀行
申込可能年齢 15歳以上
国際ブランド VISA
引出可能な海外ATM VISA、PLUSのついたATM
引き落としされる口座 円普通預金口座
海外ATM出金限度額 500万円/日(ショッピングと合算)

ジャパンネット銀行が発行するデビットカード「VISAデビット付キャッシュカード(ファミデビ)」は、ファミリーマートでの利用がお得です。会員限定割引でお得に商品を購入できますし、毎週火・土曜日はTポイントが5倍付きます。第三者が不正利用した際の補償も、最高500万円ありますので、安心です。

様々な種類がある「スルガ銀行デビットカード」

 スルガ銀行デビットカード

発行会社 スルガ銀行
申込可能年齢 15歳以上(中学生を除く)
国際ブランド VISA
引出可能な海外ATM VISA、PLUSのついたATM
引き落としされる口座 円普通預金口座
海外ATM出金限度額 口座残高と同額

スルガ銀行のデビットカードは、3種類のデザインから好きなものを選べますので、お気に入りのカードデザインも見つかるでしょう。スルガ銀行のインターネット支店では、ANAマイルやTポイントが貯まるデビットカードも発行しています。さらに、スルガ銀行の普通預金口座に自動貸越サービスをセットにすると、いつも使っているデビットカードで借入ができるようになります。

年齢制限がない「キャッシュパスポート」

 キャッシュパスポート

発行会社 トラベレックス
申込可能年齢 年齢制限なし
国際ブランド マスターカード
引出可能な海外ATM cirrusのついたATM
引き落としされる口座 チャージ専用口座
海外ATM出金限度額 15万円相当額/24時間

キャッシュパスポートには年齢制限がないので、留学を考えているお子さんにもぴったりです。国内では利用できませんが、海外のマスターカード加盟店、cirrusマークの付いたATMで利用できます。事前に専用口座にチャージした金額しか利用できませんので、使い過ぎの心配もありません。残高不足の場合は、スマホなどからチャージできますし、日本にいる家族による代理チャージも可能です。

利用状況に応じて、最適なカード選びを

海外引き出し専用のカードがほしいのであれば、「国際キャッシュカード」が候補に入りますが、最近では発行している金融機関が多くありません。デビットカードが最も便利ですが、不正利用による被害額拡大を防ぐなら、チャージした金額しか使えない「海外プリペイドカード」もいいでしょう。ただし、いずれもショッピングでは利用できない店舗やサービスがありますので、できればクレジットカードも持って行くのがいいでしょう。




いま一番お得な入会キャンペーンはこれ!

1万円分を超えるポイントがカンタンにもらえるのは入会キャンペーンだけ!
クレジットカードは「入会キャンペーンの特典」で選びましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。