バーチャルカードのおすすめはこれ!メリット、デメリットも徹底解説


ネットショッピングの主な支払方法はカード払いですが、クレジットカードの情報を入力すると、不正利用の被害が拡大する可能性があります。そんなときに有効なのが「バーチャルカード」です。この記事では、バーチャルカードの使い方、メリットやデメリットを徹底解説するのはもちろん、おすすめのバーチャルカードも紹介します。


バーチャルカードのメリット・デメリット

バーチャルカードは、インターネットショッピング専用のカードです。プラスチックカードは発行されず、カード番号、名義人名、有効期限、セキュリティコードなど、ネットショッピングに必要な情報のみ発行されます。そんなバーチャルカードには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット1:不正利用・情報漏えいの被害拡大を防げる

バーチャルカード最大のメリットは、不正利用や情報漏えいに伴う被害拡大を防ぐことができる点でしょう。

ネットショップの中には、正直信用できないようなお店もありますが、そこで買い物をするにはカード情報を相手に知らせなければなりません。バーチャルカードならば、名義人の名前をニックネームにすることもできますので、本名がばれることがありません。

万が一、情報漏えいや不正利用の可能性があれば、カード番号自体をすぐに変更することもできます。利用停止もすぐにできますし、利用再開も簡単です。

メリット2:年会費無料

バーチャルカードを発行しているそれぞれのカード会社を見ても、クレジットカード本体に年会費のかかるカードはありますが、バーチャルカードに年会費のかかるものは基本的にありません。後ほど説明しますが、発行手続きも簡単なので、持っておいて損はありません。

メリット3:すぐに発行!

バーチャルカードは、インターネット上で申込をすれば、審査や郵送手続きもなく、すぐにネットショッピングに必要な情報が通知されます。ほしい時にすぐに手続きできてすぐに入手できるのも、大きなメリットです。

デメリット1:実店舗では利用できない

バーチャルカードはプラスチックカードを発行しませんので、実店舗で利用することはできません。実店舗で利用するには、プラスチックカードを持っている必要があります。

デメリット2:ネットショッピングでも使えない場合がある

バーチャルカードでネットショッピングをしようとしても、利用できない場合があります。航空券や各種チケットの購入で、受取の際にクレジットカードの提示が必要な場合は、利用できません。また、保険料、公共料金、電話料金など、毎月定期的に支払いが発生するネットショッピングなどにも、利用できない場合が多いです。

バーチャルカードの作り方&使い方

先ほども触れましたが、バーチャルカードの発行手続き、そして使い方はとっても簡単です。「エポスバーチャルカード」を例に、発行手続きと使い方を紹介しましょう。まずは、バーチャルカードの発行手続きです。

  1. 会員サイトにログイン
  2. 「各種お申し込み」→「エポスバーチャルカードのお申し込み」をクリック
  3. クレジットカード番号、クレジットカードの有効期限、生年月日を入力
  4. すぐにバーチャルカードが発行
  5. バーチャルカードの利用限度額を設定

バーチャルカードが発行されたら、次に使い方を説明しましょう。

  1. ネットショッピングサイトの決済画面で、「クレジット払い」を選択
  2. バーチャルカードの番号、有効期限、名前、セキュリティコードを入力

使い方はたった2ステップなので、とっても簡単です。

おすすめバーチャルカードを紹介!

メリットやデメリット、使い方が分かれば、バーチャルカードは怖くありません。非常に便利なバーチャルカードですが、ここでは、中でもおすすめのバーチャルカードを紹介しましょう。

コストが一切かからなくておすすめの「エポスバーチャルカード」

 エポスバーチャルカード

申込資格 エポスカード会員
国際ブランド VISA
発行手数料 無料
年会費 無料
ポイント還元率 0.5%
限度額 エポスカードと共通


「エポスバーチャルカード」は、発行手数料も年会費も一切かかりません。
ネットショッピングに使うかもしれない人は、とりあえず持っておいて損はありません。

エポスバーチャルカードの利用限度額は、自分で設定することが可能です。「0円」にしておけば、不正利用の被害にも遭いません。最大限度額は、クレジットカードのエポスカードと同じです。例えば、限度額50万円のエポスカードの場合、エポスバーチャルカードの限度額を5万円に設定すると、エポスカードの限度額は45万円に変更となります。

カード購入でポイントが貯まっておすすめの「楽天バーチャルプリペイドカード」

 楽天バーチャルプリペイドカード

申込資格 楽天カード会員
国際ブランド マスターカード
発行手数料 無料
年会費 無料
ポイント還元率 なし
限度額 1枚3万円

楽天バーチャルプリペイドカードを利用しても、楽天スーパーポイントは付与されませんが、楽天カードを使って楽天バーチャルプリペイドカードを購入すると、購入金額の1%分の楽天スーパーポイントが付与されます。バーチャルカードの中でも、かなりの高還元率でおすすめです。

定期的に行なわれているわけではありませんが、楽天カードを使って楽天バーチャルプリペイドカードを購入すると、還元率が2%~3%になるキャンペーンも行なわれています。キャンペーン中を狙って、一気に楽天バーチャルプリペイドカードを購入するのもいいかもしれません。

ただし、楽天バーチャルプリペイドカードの有効期限は、購入月の1年後の月末と若干短いので、使いきれる分だけ購入しましょう。もちろん、名義人名の変更やカードの一時利用停止も可能ですので、セキュリティは万全です。

よりクレジットカードに近い「三井住友VISAバーチャルカード」

 三井住友VISAバーチャルプリペイドカード

申込資格 高校生を除く18歳以上ネット接続可能でメールアドレスがある
国際ブランド VISA
発行手数料 無料
年会費 324円(ネット申込で初年度無料)
ポイント還元率 0.5%
限度額 10万円

「三井住友VISAバーチャルプリペイドカード」は、楽天バーチャルプリペイドカードやエポスバーチャルカードとは異なり、三井住友カードのクレジットカードを持っている必要はありません。他のバーチャルカードよりもクレジットカードの色合いが濃く、家族カードの発行もあります。

三井住友カードは、セキュリティが極めて高いクレジットカード会社としても有名で、VISAインターナショナルより、アジア太平洋地域では唯一表彰された経験があります。24時間365日の不正検知システムは、三井住友VISAバーチャルカードでももちろん生かされています。

そして、クレジットカード並みに万が一の際の補償があるのも、三井住友VISAバーチャルカードのおすすめポイントです。年間100万円を上限としたショッピング保険、第三者に不正利用された場合、限度額の範囲内で悪用された金額を補償する「悪用補償」があります。

メリットはいろいろ!自分のタイプに合わせてバーチャルカードを選ぼう

今回紹介したおすすめバーチャルカードだけ見ても、メリットが異なることが分かります。

クレジットカード並みの補償がほしいけど、改めてクレジットカードを発行したくない人は、補償が充実していてクレジットカードがなくても申し込めるメリットがある「三井住友VISAバーチャルカード」がおすすめです。バーチャルカードでもポイントをザクザク貯めたければ、還元率1%でポイントアップのキャンペーンのメリットが大きい「楽天バーチャルプリペイドカード」がいいでしょう。

コストを一切かけずに無駄を嫌う人は、年会費も発行手数料もなく、利用限度額もクレジットカードと同じだけ設定できるメリットの「エポスバーチャルカード」がおすすめです。自分のタイプに合わせて、その特徴を最大限に生かせるバーチャルカードを選びましょう。




いま一番お得な入会キャンペーンはこれ!

1万円分を超えるポイントがカンタンにもらえるのは入会キャンペーンだけ!
クレジットカードは「入会キャンペーンの特典」で選びましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。