ギフト券・電子マネーの活用で、あとから買い物できる


キャンペーンにカードの利用条件があるけど今あまり欲しい物がない、というのは非常に残念です。ギフト券や電子マネーの購入で賢くクリアしましょう。

入会キャンペーンには、様々な条件が付けられていることが多いです。
中でもハードルが高いのが、利用によるもの。
「金額はいくらでもいいから1回カード利用があればOK」というものもありますが、多くは「3万円以上の利用」などと支払額の下限が設定されています
また、入会から3ヶ月以内などの期限もあります

たとえば、三井住友VISAカードは、入会後3ヶ月以内に3万円以上の利用で2,000円キャッシュバック。
VIASOカードも同じく3ヶ月以内ですが、こちらは15万円以上の利用で8,000円分のポイントです。
エポスカードでは、入会後2ヶ月ほどの期間で、3万円以上10万円未満なら1,000円分、10万円以上の利用なら3,000円分のポイントがもらえます。

ちょうど欲しい物があれば良いのですが、条件を満たすだけの出費があるとも限りませんよね。
だからと言って、さほど必要のないものを買ってしまっては、元も子もありません。

そこで覚えておきたいのが、ギフト券や電子マネーを利用する方法です。
ギフト券や電子マネーをカードで購入すれば、利用条件をクリアしながら実際の買い物は先送りできます。
ただ、全国百貨店共通商品券やクオカードなど、商品券はクレジットカード払いの出来ないものが多いです。

カードで購入できる商品券としては、JCBギフトカードや三井住友カードVJAギフトカードなど、各クレジットカード会社が発行しているものがありますが、これらは送料が掛かるのであまりおすすめできません。

利用しやすいものを以下にまとめました。

名称

主な利用先

購入可能額

備考

Amazonギフト券

Amazon

上限なし

利用期限は発行から1年

nanaco

セブンイレブン、イトーヨーカドー、デニーズ、西武そごうなど

カード・モバイルそれぞれ最大残高5万円

一度にチャージできるのは29,000円まで

1ヶ月にチャージできるのは15回、最大20万円まで

1日にチャージできるのは3回まで

WAON

イオングループ、ローソン、ファミリーマート、ビックカメラなど

カード・モバイルそれぞれ最大残高5万円

一度にチャージできるのは29,000円まで

Suica

JRをはじめ全国の鉄道やバス、コンビニ、イオン、イトーヨーカドーなど

最大残高2万円

 

楽天Edy

楽天市場、コンビニ、マツモトキヨシ、ヨドバシカメラなど

最大残高5万円

一度にチャージできるのは25,000円まで

商品券なら、Amazonギフトカードがおすすめ。自分で使うだけでなく、お祝いなどのギフトとしても使えます。

電子マネーは、種類によって使える場所が変わります。
ビッグカメラなど複数の電子マネーを扱うお店も増えていますが、nanacoはセブンイレブン以外のコンビニでは使えないといったこともあるので、生活スタイルに合わせて選んだり、複数を使い分けると良いでしょう。



いま一番お得な入会キャンペーンはこれ!

1万円分を超えるポイントがカンタンにもらえるのは入会キャンペーンだけ!
クレジットカードは「入会キャンペーンの特典」で選びましょう。