学生・未成年・無職のためのクレジットカードの作り方まとめ


クレジットカードを作りたいが作り方がよく分からない人、無職や未成年だが作れるクレジットカードを探している人、こういった人はクレジットカードの知識が十分でないため、上手にカードを選べない可能性があります。この記事では、クレジットカードの基礎知識を解説するのとともに、おすすめのカードを紹介します。


学生・未成年・無職の人でもクレジットカードを作れる

「学生・未成年・無職の人はクレジットカードを作れないんじゃないか」と思っている人もいますが、そんなことはありません。補償やサービス、ステータスによって、クレジットカードの審査難易度は異なりますが、最も審査難易度の低いクレジットカードの場合、「高校生を除く18歳以上」の条件を満たしていれば、クレジットカードの発行は可能です。

未成年は親権者の同意が必要

ただし、未成年者に関しては親権者(保護者など)の同意が必要となります。民法の規定によって、未成年者の契約には親権者の同意が必要なことが定められているからです。申込書類には、親権者の署名欄がありますので、忘れず署名、捺印をしてもらいましょう。

バイトをしている学生ならば問題なし

高校生を除いた大学生、専門学校生については、アルバイトをしていれば問題なく発行できます。クレジットカード会社は大学生や専門学校生を「将来の優良顧客」と見ており、審査のハードルを多少下げてもカード会員になってもらおうとします。後ほど紹介しますが、学生をメインターゲットにしたクレジットカードもあるくらいです。

無職の人は「家族カード」も候補に入れよう

多くのクレジットカードでは、「継続安定した収入」があることが求められますので、未成年者や学生と比較して、無職の人の審査通過率は低くなります。ただし、配偶者に安定収入のある専業主婦の人は、「配偶者の継続安定収入がある」という条件が付いているクレジットカードならば、特に問題はありません。

自力でカードの審査を通過できないなら、「家族カード」を発行するのも手です。家族カードは、カード本会員と同居している18歳以上の家族であれば、審査がなく発行できます。本会員のカードがゴールドカードやプラチナカードであれば、家族カードも同じステータスとなることが多く、充実の補償やサービスを受けることができるので、おすすめです。

学生・未成年・無職の人にはデビットカードという選択肢も

学生・未成年・無職の人には、クレジットカードだけでなく「デビットカード」という選択肢もあります。デビットカードとは銀行が発行しており、利用金額を銀行口座から即時引き落としするカードです。クレジットカードとは異なり借金ではありませんので、基本的に審査はありません。以下に、代表的なデビットカードを紹介します。

 楽天銀行デビットカード

 セブン銀行デビットカード

 ジャパンネット銀行Visaデビット

  楽天銀行デビットカード セブン銀行デビットカード ジャパンネット銀行Visaデビット
申込可能年齢 16歳以上 16歳以上 15歳以上
国際ブランド VISA、JCB JCB VISA
年会費

1029円(VISA)

無料(JCB)

無料 無料
還元率

0.2%(VISA)

1%(JCB)

0.5% 0.2%

15歳以上であれば申し込めるカードが多く(親権者の同意は必要)、ポイントも貯まりますので、クレジットカードと比較しても遜色ありません。

タイプ別おすすめのカードを紹介!

クレジットカードには様々な種類があります。学生・未成年・無職の人は選べるクレジットカードが限られていますので、数多くのクレジットカードから最適な1枚を探すのは容易ではありません。そこでここでは、学生・未成年・無職の人のタイプ別に、おすすめのカードを紹介します。

学生(高校生を除く)には「三井住友VISAデビュープラス」がおすすめ

 三井住友VISAデビュープラス

申込資格 高校生を除く18歳~25歳(学生専用カードは高校生を除く学生)
年会費 1350円(初年度無料、年1回以上の利用で翌年度も無料)
国際ブランド VISA
ポイント還元率 1%
最高限度額

ショッピング:80万円(学生専用カードは30万円)

キャッシング:50万円(学生専用カードは5万円)

高校生を除く学生は、2種類ある「三井住友VISAデビュープラス」がおすすめです。種類によって、限度額や審査の難易度に違いがあります。20歳以上の学生で親権者の同意がないと、学生専用カードのショッピング限度額は10万円に制限されます。

入会後3か月間は、ポイント還元率が2.5%にアップします。さらに、26歳以降最初のカード更新時に、「三井住友プライムゴールドカード」に自動でランクアップします(一般カードへの切り替えも可能)ので、非常にお得です。

18歳未満・高校生には「Vプリカ」「dカードプリペイド」がおすすめ

18歳未満の人や高校生は、クレジットカードを発行できませんので、プリペイドカードが有力な選択肢となります。

ネットショッピング専用なら「Vプリカ」がおすすめ

 Vプリカ

申込資格 日本国内在住の18歳歳以上
年会費 無料
国際ブランド VISA
ポイント還元率 なし
最高限度額 最高10枚まで発行可能、合計10万円


「V
プリカ」は、インターネットショッピング専用のプリペイドカードです。日本国内在住の18歳以上であれば、高校生でも利用できます。簡単な登録をするだけでアカウントが発行され、会員ページよりインターネットバンキングを使ってVプリカの購入代金を支払えます。コンビニでも支払可能です。

アカウント開設の不要な「Vプリカギフト」(1枚5000円~3万円)もあり、コンビニなどの陳列棚で売っています。カード裏面にあるQRコードかURLからアクセスして、認証番号とカード番号の下4桁を入力すれば利用できます。

12歳から発行できておすすめの「dカードプリペイド」

 dカードプリペイド

申込資格 dアカウントを持っている中学生以上の12歳以上
年会費 無料
国際ブランド マスターカード
ポイント還元率 0.5%
最高限度額 30万円

「dカードプリペイド」は、小学生を除く12歳以上であれば発行できます。dアカウントを持っている必要がありますが、ドコモのケータイを契約していなくてもdアカウントは登録可能です。コンビニのローソン、マイページでチャージでき、マイページを使えば、以下の方法でチャージができます。

  • 電話料金との合算
  • dポイントからチャージ
  • dカード
  • その他クレジットカード
  • インターネットバンキング

プリペイドカードの利用で0.5%分のdポイントが貯まります。ローソンでの買い物が3%オフ、マクドナルドでの会計で1.5%の還元率(2018年4月1日より)など、dポイント加盟店での利用がとってもお得でおすすめです。

無職の人は色々な方法で発行可能な「アコムACマスターカード」がおすすめ

 アコムACマスターカード

申込資格 本人に安定収入のある20歳以上
年会費 無料
国際ブランド マスターカード
ポイント還元率 0.25%
最高限度額 300万円(カードローンとの合計で800万円)

「アコムACマスターカード」は、大手消費者金融のアコムが発行しているクレジットカードです。インターネットや店舗、自動契約機で申し込め、最短でその日のうちにアコム店舗や自動契約機で受け取ることができるので、すぐにカードを必要とする人にぴったりです。また、2017年3月より、クレジット利用金額の0.25%分がキャッシュバックされるようになりました。

申込資格は「本人に安定収入のある20歳以上」となっているので、普通に考えると無職の人はカードを作れません。しかし、アコムACマスターカードは様々な「安定収入」を認めてくれるのでおすすめです。以下のような感じで申告すると、審査通過の可能性が高いです。

  • 派遣会社に登録して「派遣社員」として申告する
  • 就職前に短期アルバイトをして、その時点で申し込む
  • サイドビジネスで「個人事業主」として申告する
  • 家庭内アルバイトで「個人事業主」として申告する

学生・未成年・無職の人でも、何らかの方法でカードが作れる可能性が高い

紹介したように、学生・未成年・無職の人など、普通ならばクレジットカードが作れなさそうな人でも、何らかの方法でカードが作れる可能性が高いです。

学生は学生向けクレジットカードが審査ハードルも低く優遇されているので、おすすめです。18歳未満の未成年者はプリペイドカードにすれば、年齢の壁を突破できます。無職の方でも、ACマスターカードならば様々な「安定収入」を認めてくれます。

クレジットカードにこだわらないのであれば、銀行が発行するデビットカードは審査がなく、申込可能年齢も15歳以上が多いので、おすすめですよ。




いま一番お得な入会キャンペーンはこれ!

1万円分を超えるポイントがカンタンにもらえるのは入会キャンペーンだけ!
クレジットカードは「入会キャンペーンの特典」で選びましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。