激レアな楽天ブラックカードのメリットと申込み方法を解説


激レアな楽天ブラックカード、楽天カードや楽天プレミアムカードを持っている人は、ぜひともほしいのではないでしょうか。入手条件が厳しいだけに、楽天ブラックカードのメリットは計り知れません。この記事では、楽天ブラックカードのメリットを紹介するとともに、気になる入手条件についても解説します。


楽天ブラックカードの概要

まずは、楽天ブラックカードがどんなカードかを紹介します。

 楽天ブラックカード

年会費 3万2,400円
国際ブランド マスターカード、JCB
ポイント還元率 1%
限度額 300万円~1000万円
搭載電子マネー 楽天Edy
追加カード 家族カード(2枚まで)ETCカード
旅行傷害保険 海外:最高1億円(自動付帯)国内:最高5000万円(自動付帯)
ショッピング保険 最高300万円(免責3,000円)

最高峰のカードにしては、年会費が非常にお得です。家族にも2名まで楽天ブラックカードを無料発行できますので、維持費をより安く抑えられます。他のブラックカードは、国際ブランドに選択の余地がないものが多いですが、楽天ブラックカードはマスターカード、JCBのいずれかから選択可能です。国内中心の利用にはJCB、海外で頻繁に使う人はマスターカードがいいでしょう。

コストを抑えられる一方で、パフォーマンスは非常に高いです。ポイント還元率は1%と、十分に高還元率カードです。上限はあるものの、限度額も最高1000万円までありますので、思う存分使い倒すこともできます。海外旅行保険の1億円(自動付帯)というのはもちろん、国内旅行保険まで自動付帯、しかも家族特約までついているのは、楽天プレミアムカードにはありません。

楽天ブラックカードのメリット

楽天ブラックカードの大まかな特徴が分かったところで、ここでは楽天ブラックカードのメリットを紹介しましょう。補償やサービスなどで、大きなメリットがあります。

メリット1:コンシェルジュサービスを利用できる

ステータスのあるカードの多くはコンシェルジュサービスを利用できますが、楽天ブラックカードも例外ではありません。それぞれの国際ブランドが提供するコンシェルジュサービスを、24時間365日利用可能です。自力で予約しようとして断られることの多いホテルやレストランでも、コンシェルジュ経由ならば予約ができる可能性が高く、繁忙期のホテルや予約困難なレストランを利用したい場合にメリットが大きいです。

メリット2:旅行傷害保険が充実している

楽天ブラックカードの海外旅行保険は最高1億円、国内旅行保険は最高5000万円です。補償額はもちろんのこと、いずれも自動付帯(カード払いしなくても保険が付く)のがうれしいです。最も利用頻度の高い傷害・治療補償も最高300万円と、高額な海外の医療費を十分にカバーできます。さらに、カード会員ではない家族も補償する「家族特約」も、国内外ともに付帯しているので、家族丸ごとメリットを享受できます。

メリット3:プライオリティ・パスが無料

頻繁に海外旅行に行く人にとっては、世界中の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」に無料入会できます。無制限に利用できる会員の年会費は、通常399米ドルしますので、これだけでも大きなメリットです。しかも、楽天ブラックカードの場合は本人だけでなく、同伴者2名まで無料で利用できます。世界初のブラックカードとして名高い「アメックス・センチュリオン」と同じです。

メリット4:楽天のサービス利用がお得

楽天ブラックカードは、楽天のサービス利用でも以下のようにメリットを発揮します。

  • 楽天市場・楽天ブックスを誕生月に利用して楽天ブラックカードで支払うと、還元率6%
  • 海外旅行の手荷物宅配サービスを年2回受けられる
  • 毎週火・木曜日の楽天市場利用で還元率が1%アップ
  • 楽天ブックス、楽天TVの利用で還元率が1%アップ
  • 楽天トラベルのオンライン決済で還元率が1%アップ
  • 楽天プレミアム(楽天のお得な会員プログラム)が1年間無料

楽天のサービスを使い倒してお得になりたい人には、魅力的なサービスが揃っていますね。

楽天ブラックカードを持つ条件

楽天ブラックカードは、お得な年会費で様々なメリットがあり、コスパが非常に高いカードといえます。しかし、ほしいからと言って、すぐに楽天ブラックカードに申込みできるわけではありません。ここでは、楽天ブラックカードを持つための条件を紹介しましょう。

条件1:楽天プレミアムカードを持っているのがベスト

 楽天プレミアムカード

楽天ブラックカードは、いきなり申込みすることはできず、カード会社からのインビテーション(招待)を待たなければなりません。そのインビテーションは、一般カードの「楽天カード」会員にも送られる可能性がありますが、楽天ブラックカードの1つ下にあたる「楽天プレミアムカード」の会員に送られる可能性が最も高いです。

楽天プレミアムカードの申込資格は「原則として20歳以上の安定収入のある方」となっているため、18歳、19歳の未成年や、大学生や専門学校生にはインビテーションが届かない可能性が高いです。

条件2:楽天のサービスをよく利用している

楽天としては、自社のサービスを頻繁に利用してくれる人にインビテーションを送れば、より自社サービスを利用してくれると考えています。よって、楽天のサービスをよく利用している人に、インビテーションが届く可能性が高いです。

楽天ブラックカードの限度額は、最低で300万円です。年会費は3万2,400円ですが、300万円利用すれば実質無料と考えられます。楽天ブラックカードは火・木曜日は還元率が1%アップしますので、300万円の半分、年間150万円利用すれば、年会費は実質無料です。よって、楽天のサービスを年間150万円以上利用していると、インビテーションが届く可能性が高いです。

特にこの条件を満たせば、楽天カードを持っていない人にも「年会費5年間無料」のインビテーションが届く可能性が高く、楽天ブラックカードにとっては重要な条件と言えるでしょう。

条件3:支払いに遅延がない

しかし、いくら楽天のサービスを頻繁に利用していても、支払いが頻繁に遅れているようですと、返済能力に疑問符がついてしまいます。利用額が多くて支払いが遅れる人よりも、利用額はそこそこで支払いに遅延がない人の方が、明らかにインビテーションが届く可能性が高まります。

条件4:キャッシング枠がない

すでに持っている楽天プレミアムカードなどに、キャッシング枠が設定されていなければ、インビテーションが届く可能性がより高まります。キャッシング枠があると、お金が足りないときに借金ができますが、お金に困っているということは返済能力にも疑問符がついてしまいます。

一方、キャッシング枠が付いていないクレジットカードならば、お金には困っておらずショッピングのためにカードを持っていることをアピールできます。キャッシングに関する審査も省略できます。

条件を整えてインビテーションを待とう

楽天ブラックカードには、充実の旅行保険、便利なコンシェルジュサービス、楽天のサービス利用がお得などのメリットがあります。充実なサービスを用意している割に、年会費はさほど高くないため、極めてコストパフォーマンスの高いクレジットカードといえます。

しかし、楽天ブラックカードはインビテーションを待つ必要があり、インビテーションなしで突撃しても、撃沈するのがオチです。勤続年数や年収、雇用形態などの属性をできるだけ磨いておき、インビテーションが届くのを待ちましょう。




いま一番お得な入会キャンペーンはこれ!

1万円分を超えるポイントがカンタンにもらえるのは入会キャンペーンだけ!
クレジットカードは「入会キャンペーンの特典」で選びましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。