入会キャンペーンで、カード会社は損しない?


クレジットカード会社の利益には「加盟店からの手数料収入」、「会員からのキャッシングやカードローンなどの手数料収入」、「広告収入」、「年会費収入」などがあります。
加盟店からの手数料は、利用額の3~7%ほど。手数料の割合は取り扱う商品や国際ブランドなどの条件で変わりますが、カード会社の主な収入源となっています。

キャッシングやカードローン、リボ払いなどの手数料も大きな利益を生み出しています。
特に手数料割合の高いリボ払いは、カード会社イチオシのサービスと言えるでしょう。
リボ払いの設定を特典の条件としているカード会社が多いのも、そこに利益が期待できるからです。

広告収入は、会員へのDMや会員誌などで広告主のサービスを紹介し、その手数料を広告主から得ています。
年齢や性別など、会員情報からサービスにあった会員をフィルタリングして適切な広告を載せられるので、効率的な広告媒体として利益を生み出します。

年会費もカード会社にとって大事な利益となっています。
年会費無料が魅力となるカードもありますが、ステータス性が魅力となる高額年会費のカードにも人気があります。

これらの収益を上げるためには、会員数を増やしたくさんカードを使ってもらうことが大切です。そのために、魅力的なキャンペーンで新規会員を募集したり、カード利用やリボ払いの登録などを特典の条件にしたりしています。

確かに、新規入会者がカードがほとんど使われなければ、特典やカード発行のコストの分、損をしてしまいます。
しかし多くの場合、一度入会すれば長期的にカードを使ってもらえるので、総合的には利益になるのです。

キャンペーンでは「こんなにもらって大丈夫なの?」と心配になってしまうかもしれませんが、会員とカード会社双方にとってお得なバランスになっています
安心して特典を活用しましょう。



いま一番お得な入会キャンペーンはこれ!

1万円分を超えるポイントがカンタンにもらえるのは入会キャンペーンだけ!
クレジットカードは「入会キャンペーンの特典」で選びましょう。