クレジットカードのMM/YYって何?入力すべき数字はここ!


ネットショッピングの際、「MM/YY」「CVC」などの入力項目が出てきて、意味が分からなかった経験はないでしょうか。全ての情報はクレジットカードに記載されていますので、安心してください。

今回は、「MM/YY」「CVC」「PIN」の意味とともに、入力の際の注意点なども解説します。


「MM/YY」はクレジットカードの有効期限

「MM/YY」はクレジットカードの有効期限を表しています。日本のネットショッピングサイトでは「有効期限」と分かりやすく書かれていますが、海外のネットショッピングサイトでは「VALID THRU」や「EXPIRES ON」など、表記も様々です。

有効期限切れのクレジットカードでは決済できないため、ネットショッピングではクレジットカードの有効期限を確認する目的で、有効期限を入力させます。

クレジットカードの有効期限は、カード表面の下の方に刻印されていますので、そこを見て入力するか、プルダウンメニューから選択しましょう。

「月/年」の順番で入力すること

入力の際に、「月/年」の順番で入力することを忘れないでください。例えば、2017年11月の場合、「11/17」と入力します。日本人は、「年/月」で慣れているため、つい「17/11」と入力してしまいがちですが、「2011年17月」とあり得ない年月となってしまいます。

一ケタの場合は「0」を加える

年・月の末尾2桁の左の数字が「0」の場合、「0」を加えて入力してください。例えば、2017年6月の場合は「6/17」と入力するとエラーが出てしまいます。「06/17」と入力しましょう。

「PIN」は4桁の暗証番号

「PIN」とはPersonal Identification Numberの略で、簡単に言えば暗証番号です。クレジットカードに入会する際、4桁の暗証番号を決めたかと思いますが、それがPINコードです。

ATMを使ったクレジットカードのキャッシング、ICチップを使ったショッピングの際に、入力を求められます。数字入力後に確認ボタン(緑色のボタン)を押すと、決済が完了します。クレジットカード本体を使った取引に使われるため、ネットショッピングでは入力の必要がありません。

国によって事情が異なる

国によっては、PINコード事情が異なる場合があります。

中国で発行している銀聯カードのPINコードは6です。三井住友銀聯カードを中国で利用する場合、「00+4桁の暗証番号」に加えて、サインを求められます。

中国のATMも暗証番号が6桁対応のため、手持ちの4桁の暗証番号を入力後に「输入」か「确认」を押さないと、先に進めません。ベトナムでは、4桁の暗証番号入力後に「00」の入力を求めるATMが一部にあります。


「CVC」はセキュリティコード

「CVC」はセキュリティコードを意味します。クレジットカードの裏面のサイン欄に、数字が書いてあります。その数字の右3桁がセキュリティコードです。カード会社によっては「CVV」「CID」と表記されていますが、どれも意味は変わりありません。

セキュリティコードを入力させるのは、カード所有者本人であることの確認のためです。カードの有効期限やカード番号は、ネット上で調べることができます。しかし、セキュリティコードは会員サイトにも掲載されておらず、カード裏面にしか記載がありません。

ハッキングをしてネットショッピングをしようとしても、実際にカードを持っていないハッカーはセキュリティコードを知る由がありませんので、不正利用の防止につながります。

アメックスは若干特殊

アメリカン・エキスプレス

セキュリティコードに関して注意したいのが、アメリカン・エキスプレスです。アメックスのセキュリティコードは、カード表面のアメックスのブランドロゴの上に記載されている4桁の数字です。

削れて読み取れなくなったらカード会社に相談

サイン欄が削れてしまい、それに伴いセキュリティコードも削れて読み取れなくなったら、カード会社に相談しましょう。

暗証番号の失念は郵送で暗証番号を教えてくれますが、セキュリティコードは教えてもらえません。再発行などの措置を取り、新たにセキュリティコードを入手することとなるでしょう。

落ち着いて入力しよう

ネットショッピングで入力するクレジットカード情報は、

  • カード名義人
  • 国際ブランド
  • カード番号
  • 有効期限
  • セキュリティコード

くらいです。まれに、最後にカード会社の認証サービス(3Dセキュア)が立ち上がりますので、カードに登録したIDとパスワードを入力してください。

基本的にはクレジットカードに全ての情報が記載されていますので、カードを傍らに置いて、落ち着いて入力すれば大丈夫です。




いま一番お得な入会キャンペーンはこれ!

1万円分を超えるポイントがカンタンにもらえるのは入会キャンペーンだけ!
クレジットカードは「入会キャンペーンの特典」で選びましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。